広告マーケティングの専門メディア

ユーザーの「信頼」が基盤のデータ利活用戦略

データは効率化ツールではなく「資源」 「ツール、データ、分析」をセットに

山浦直宏氏(アユダンテ)

「個人のデータは個人のもの」という意識が高まる中で、マーケターに必要な視点とはどのようなものなのか。SEO事業やGoogleアナリティクス活用支援など、デジタルマーケティングのコンサルティングを行っているアユダンテで、デジタルソリューション事業部COOを務める山浦直宏氏に聞いた。

“統合”的な視点が必要な時代 データ利活用は重要な経営課題

1990年代後半に企業がデジタル広告を活用し、データを利用しはじめてから20年以上経ちましたが、いま企業が立ち返るべきは、データは広告投資を効率化するツールではなく、社会をより良くするために活用する「資源」だということです。

マーケティングでは「広告配信をいかに効率よく行うか」など、「効率化」の道具としてデータを使用しがち。この場合、コンバージョン率などが指標となります。しかしコンバージョンしたかは、企業側の成果の指標。データ利活用の主導権をユーザーの手に委ねるべきという論調が高まる今、顧客にとっての価値を生むデータの利活用が必要です。

顧客への還元がなされないまま、データを取得し続けるのは難しいでしょう。では、データを「資源」ととらえるとどうか。私は、“社会や生活のために活用することで、新しい価値を生み出すこと”が資源の本質だと考えています。このデータを資源ととらえて商品やサービスの開発に生かし、新たな顧客体験を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ユーザーの「信頼」が基盤のデータ利活用戦略 の記事一覧

データ利用規制とDX推進の流れが企業のデータ利活用に『個性』をもたらす
一人ひとりの多様性や個性に寄り添い 倫理的なデータ活用で価値を創出する
データ規制時代の企業のふるまいとは?長期視点での取得・活用計画が鍵
データは効率化ツールではなく「資源」 「ツール、データ、分析」をセットに(この記事です)
2021年はクッキーレスへの準備期間 広告主、パブリッシャー、広告会社の動向は?
「つながるドラレコ」で安全・安心を提供 損保ジャパンの信頼を生むサービス設計
「デル アンバサダープログラム」に見る、つながるためのデータ活用
データを預けてもらってこそ事業が成り立つ コロナ禍の2021年は「情報銀行元年」に?
クッキー規制で必要な対応は「顧客」を主語とした価値創造

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する