広告マーケティングの専門メディア

Cover Story

あたらしい人(8月号表紙:見上 愛さん)

見上 愛さん

見上 愛
ai mikami
2000年10月26日生まれ、東京都出身。2019年に女優デビューして以来、TBS「恋はつづくよどこまでも」レギュラーやGENERATIONS from EXILE TRIBEのMVなどに出演を果たしドラマ・映画・MV・CMと幅広く活躍中。近年の主な出演作にNHK「きれいのくに」、MBS「ガールガンレディ」などがある。現在映画「キャラクター」、CM「SUUMO 引っ越し見積もり」に出演中。W主演映画「衝動」、「プリテンダーズ」の公開を控えている。

キャスティング担当者が語る、見上 愛。

現在、20歳の見上さんは現役の大学生です。3歳から18歳まではバレエ、中高時代は音響関連の仕事をしているお父さんの影響でバンド活動にハマったとのこと。高校では演劇部の所属、なんと寺山修司に感化されたそうです。その結果、演出の勉強にハマり、演技まで習い始めてしまったそう。高校生にして、昭和のアングラ帝王・寺山修司に共感できるだけあって、彼女が出演をしているJR東日本「行くぜ、東北。」、リクルートSUUMOのCMでは、弱冠20歳にしていい味を出しています。満島ひかりさんを彷彿とさせます。

現在、大手事務所に所属をしており、既にナショナルクライアントでメインでの出演をしていますので、早くしないと手の届かない所に行ってしまいそうです。広告の向き不向きは、「心」や「心理」に訴える企画に相性が抜群だと思います。視聴者の誰もが、「見上愛」の存在感にハマると思います。

撮影を終えた今、見上 愛が思うこと。

広告は、商品を宣伝するだけでなく、世の中に様々なメッセージを伝えられるものだと感じています。広告のお仕事をさせて頂くときには、何を誰に伝えるための広告なのかをしっかり理解してから臨むようにしています。撮影は...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する