広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

民放AMラジオ44局 2028年秋までにFM転換目指す

明石庸司

設備維持に多額な費用 放送継続に負担

全国の民放AMラジオ47局で構成する「ワイドFM(FM補完放送)対応端末普及を目指す連絡会」は6月15日、44局が2028年秋までにFM放送への転換を目指す方針を明らかにした。AMとFM補完放送の併用によるコストを削減し、経営改善につなげることが狙いだ。

AM放送の送信には広い敷地に100m規模のアンテナが必要になるなど設備維持の面で多額の費用がかかる。そのため、全国のAMラジオ局は設備の老朽化と、放送を継続しながら実施しなければならないアンテナの建て替えや設備更新が困難という課題を抱えているのだ。

民放AMラジオ各社は、AM放送の難聴対策や災害対策のため2014年からFM補完放送(ワイドFM)を開始し、現在は47局全ての民放AM局で実施している。ただ、AMとFM双方の設備投資・維持が必要なことから、負担が大きくなっていた。

これに関連して、日本民間放送連盟(以下、民放連)は2019年3月、「FM補完中継局制度の見直し」として、遅くとも2028年の再免許時までに、AM放送事業者の経営判断によって、AM放送からFM放送への転換や両放送の併用が可能となるような制度を整備することや、2023年の再免許時をめどに、一部のエリアで実証実験として長期間にわたりAM放送を停波できるような制度的措置を総務省の「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」に要望。

これを受けて、2019年8月には同検討分科会で民放連の要望に沿ったかたちで現行制度を見直すべきとの考えが示された。

2020年10月には、総務省が「民間ラジオ放送事業者のAM放送のFM放送への...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

貪欲な姿勢が見られない!? 日本のアドパーソン
未来の雑誌広告に向けた準備 本誌と電子雑誌は共存できるのか
地方紙発の多様な新事業 地元での就職促進、産業創出をめぐる挑戦も
民放AMラジオ44局 2028年秋までにFM転換目指す(この記事です)
なぜか日本は広告のトレンドを『素通り』 グローバルで見た、広告業界の違い
「編集」コンテンツが強みの媒体 これからの雑誌広告の価値とは?
新聞情報に「毎日触れる」人は50.2% コロナ禍で閲読時間は増加傾向に
国民投票運動における広告活動 公平・公正性の確保が鍵に
いつでも誰でも情報が手に入る時代 起業のチャンスはどこにあるのか
イベント産業の未来予測 イベントが向かう先にあるもの
コロナ禍の「日本の広告費」プロモーションメディアは苦戦も
コロナ禍でも参考にしたいOOH 第12回「東京屋外広告コンクール」を振り返る
未来を見据えた記憶継承のための工夫 3.11から10年、各紙の取り組みとは
「悲劇が二度と起こらないように」放送界全体に倫理問題を問う

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する