広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

ステイホームで約3割が「スイーツをつくる頻度増」

アスマークは、全国の20代~40代の女性457人を対象に、自粛生活が続く中でのスイーツづくりに関する調査を実施した。調査の結果、自粛生活以前と比べ、約3割がスイーツをつくる頻度が「増えた」と回答。スイーツをつくるときに感じる悩みは、「準備の手間がかかる」や「調理後(洗い物)の手間がかかる」が20代、30代、40代...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

ステイホームで約3割が「スイーツをつくる頻度増」(この記事です)
約4割が夏でも「あったか~い」が欲しい!自販売機に関するアンケート
4人にひとりがIoT家電を保有 遠隔操作にメリット
自粛期間中、癒しを求めて5割以上が「ティータイム」増
引越しに関する調査 生活様式の変化に伴い在宅時間の快適性を追求か
スマホで撮影、約5割がプリント経験なし!フォトブック作成は16%程度
全国の女性230人に聞く 新生活に向けて買いたいモノ、頑張りたいコト
約5割が10分以内にメイク完了!リップとチークを省略する人が増加
身の丈消費の傾向あり、20代のお小遣いは月平均約3万
コロナ禍により家飲みが増加で価格よりも『こだわり』を重視
理想的な換気は1時間に2回 達成率わずか24.8%
8.5%がコロナ禍をきっかけにオンライン接客を初体験
メイクへの支出額は減少 スキンケア需要は上昇

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する

最近もっとも読まれた記事