広告マーケティングの専門メディア

広告産業にイノベーションは起こせるか?

創刊から67年、月刊『宣伝会議』の特集で振り返る広告産業の軌跡

日本において民放テレビ局の開局が相次いだ時代、1954年に創刊した月刊『宣伝会議』。その後、マス・マーケティングが花開き、さらにはインターネットが登場し、広告・マーケティング活動は大きく変容していった。950号超のこれまでの特集からマーケティング手法、広告ビジネス、企業のマーケティング活動の変遷をたどる。


「伝える」から「つながる」へ 年代別の傾向

ここで紹介した特集は、通巻957号分の『宣伝会議』の一部だ。これまでの特集タイトルから、年代別にその時々のマーケティング活動の傾向をまとめると以下のようになる。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告産業にイノベーションは起こせるか? の記事一覧

激変する環境に対応する、オープンハウスのデータドリブンな組織づくり
創刊から67年、月刊『宣伝会議』の特集で振り返る広告産業の軌跡(この記事です)
広告・マーケティング領域を進化させる!社内データ活用に必要な「4つの役割」
世界で起こるビジネスモデルの大変革 その時、広告産業はどう変われるのか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する