広告マーケティングの専門メディア

広告産業にイノベーションは起こせるか?

世界で起こるビジネスモデルの大変革 その時、広告産業はどう変われるのか?

根来龍之氏(早稲田大学ビジネススクール)

デジタル化により、多くの企業がそのビジネスモデルの変革を求められている。企業のIT化戦略やイノベーションを専門に研究し、ビジネス界全体の変革を見てきた早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授に、現状の広告産業について考えを聞いた。

PF依存と独自化で二極化する マーケティングプロセス

世界的なデジタル化の波に乗り、業種や業態を問わず、企業には組織や仕組みの変革が求められている。その変革のひとつが、業務の効率化や競争力を上げるための、プロセスのデジタル化だ。

事業会社側においては、マーケティングプロセスをできるだけ自社で行う企業と、プラットフォーム(PF)に依存する企業の二分化が進むと根来教授。「特に大規模な小売業、飲食、ファッション企業の場合、顧客接点をプラットフォームに依存するか、自社で運営するかの選択問題が起こっています」と話す。

「例えばファッションECサイトであるZOZOタウンは、各ブランドからの受託販売業務のビジネスモデルで成り立っている。しかし、大手アパレルメーカーが撤退する動きもありました。その理由は、購買という最も重要な顧客接点を自分たちで持つため。生活者への露出が減って売上が減少したとしても、自社ECに絞ることで価格設定も自分たちでコントロールでき、ブランディングもより思い通りに推し進めることができます」。

ニュースアプリやSNSを使ったクーポン配信も、宣伝広告のプラットフォーム依存といえる。一方で、できるだけ自社アプリですべてを完結させようとする企業もある。

「さらに電子マネーも組み込むことで、集客から購買までマーケティングプロセスを一元的に管理することができる。ワン・トゥ・ワンを推し進めたい企業にとってはプラットフォームに依存することは避けたいけれども、開発にはコストがかかるし、消費者に独自アプリを登録してもらうという壁があるので、簡単にはやめられない」。

また根来教授は、宣伝のためのメディアの活用についても、「若年層への接点を求めて、デジタルに移行せざるを得ない部分がある」と指摘する。

実際にテレビCMだけではなく、YouTubeでメイキング映像を公開したり、オウンドメディアで追加情報も加えて展開したりと、ひとつのコンテンツをメディアごとに出しわける企業が増えている。コンテンツが溢れている中で...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告産業にイノベーションは起こせるか? の記事一覧

激変する環境に対応する、オープンハウスのデータドリブンな組織づくり
創刊から67年、月刊『宣伝会議』の特集で振り返る広告産業の軌跡
広告・マーケティング領域を進化させる!社内データ活用に必要な「4つの役割」
世界で起こるビジネスモデルの大変革 その時、広告産業はどう変われるのか?(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する