広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

好きなものが全部詰まってる!若者の心にとことん刺さることを意識

ブルボン 濃厚チョコブラウニー オーディオ小説『no doubt(ノーダウト)』

ブルボンは、「濃厚チョコブラウニー」のオーディオ小説『no doubt(ノーダウト)』(全5話)を「ブルボン公式YouTubeチャンネル」にて4月5日より5日間連続で配信した。

若年層から絶大な支持を受ける 住野よるさん書き下ろし

ブルボンは同社が展開する商品「濃厚チョコブラウニー」から、オリジナルオーディオ小説『no doubt(ノーダウト)』(全5話)を「ブルボン公式YouTubeチャンネル」にて4月5日より5日間連続で配信した。

今回、配信を行ったオーディオ小説『no doubt』は、小説『君の膵臓をたべたい』でも知られる人気作家の住野よるさんが初めて書き下ろしたオリジナルの企業タイアップ小説だ。同企画の公開場所をWeb上に決めた理由について、大広WEDO東京クリエイティブ力Divisionチーム 東京開発力の小柴桃子氏は、「テレビCMだけでは届きづらいターゲット層である若年層にも商品の魅力を届けるため、Web上で印象に残る新しいコンテンツをつくりたいという思いがあった」と話す。

そもそも「濃厚チョコブラウニー」は腹持ちの良さと食べやすい形状から、大学の生協で爆発的にヒットした商品。そこで「今後も学生を中心とした若年層にもっと選ばれる存在にしたい」と考えた小柴氏らは、若年層から圧倒的な支持を得ている住野よるさんと共に同商品をテーマにした完全オリジナルのオーディオ小説を制作することにしたという。

「誰もがわかりやすい青春を送るのではなく、静かな日常だって立派なひとつの青春だ、という想いを込めて、ターゲットからの共感が呼べるようなコンテンツに仕上げました」と小柴氏。その言葉通り、小説では「理由のない感情を尊重する」をテーマに、部活やバイトもしていない2人の男子高校生が理由もなく過ごす。大人になってから「あれが“青春”だった」と気づくような何でもない日常と、そこに自然と寄り添う「濃厚チョコブラウニー」を描いている。

ストーリーは、仮病で学校をサボった男子高校生イマイと、クラスの男子イガラシ2人の登場人物で構成。

イラスト・声優・楽曲 ターゲット層をとことん意識

住野さんの小説に厚みを持たせるため、キャラクターデザインはSNSで人気のイラストレーター・いつかさんが担当。声の出演は、声優ファンの間でも人気の高い下野紘さんと梶裕貴さんが務めた。さらに楽曲は、若者を中心に人気のバンドマカロニえんぴつが制作し...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する