広告マーケティングの専門メディア

大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略

大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略(日清オイリオグループ、日本たばこ産業、日本ハム)

コロナ禍が発生し、最初の緊急事態宣言から1年以上が経過。生活者の消費行動、メディア接触行動、さらに価値観の変化も顕著になってきました。情報収集接点も購入接点もデジタルシフトが進むなか、いま日本を代表する企業でマーケティング・コミュニケーションを担当する宣伝部長は、どのような広告・メディア戦略を考えているのか。大手33社の宣伝部長に聞きました。

(敬称略・五十音順)

    18 日清オイリオグループ

    コーポレートコミュニケーション部
    次長
    鈴木 裕也(Hiroya Suzuki)

    1993年入社(大阪支店神戸営業所)。1998年RS営業部、2000年コミュニケーションセンター、2002年札幌支店、2008年宣伝・広告部、2013年コーポレートコミュニケーション部 宣伝・広告課長を経て、2019年よりコーポレートコミュニケーション部 次長。

    部門人数と平均所属年数
    部門人数 12人
    平均所属年数 約5年

    2021年度の動き

    今年度の戦略方針

    さまざまなお客さまにとっての「今」を例年以上に逐次確認し、食用油を中心に「食」でお役立ちできる情報を速やかに、細やかに発信する。企画立案から展開までのリードタイムを短縮し、さらに一貫したメーカーとしての「想い」を表現にのせることが大切だと考える。

    今年注力したい施策

    ● 企業のブランド価値を向上させること
    ● 新規見込み客の発掘(リードジェネレーション)
    ● 商品開発部門(事業部門)との連携

    領域注目の話題・手法

    ● 顧客体験(CX)
    ● パーソナライゼーション
    ● OMO(Online Merges Offline)

    今後の人材育成の方針

    コロナ禍で難しくもあるが、日頃出来るだけ性年代、生活環境の異なる方々と接して、観察することがマス、スモールともコミュニケーション企画立案において何よりの参考になる。また当社では学びに力を入れており、自発的なセミナー受講、他社交流も多い。

    19 日本たばこ産業

    マーケティンググループ 商品企画部
    部長
    高橋 徹(Toru Takahashi)

    2011年中途入社、ブランド企画部 Mild Seven ブランドマネージャーに就任。2014年JTインターナショナル出向、Winstonブランドマネージャー。2016年JTに帰任し、マーケティング戦略部次長。2019年商品企画部担当部長、2021年より商品企画部 部長。

    部門人数と平均所属年数
    部門人数 30人
    平均所属年数 約2.5年

    2021年度の動き

    今年度の戦略方針

    独自セグメンテーションを行い、最適なコミュニケーションの徹底。各セグメンテーション及び各媒体に適したクリエイティブの開発。

    今年注力したい施策

    ● 新規見込み客の発掘(リードジェネレーション)
    ● 継続的な購買の促進(リテンション、リピーター獲得施策)、既存顧客への対応
    ● データの活用

    領域注目の話題・手法

    ● 顧客体験(CX)
    ● パーソナライゼーション
    ● アドフラウド、ブランド棄損などのデジタル広告の品質問題

    今後の人材育成の方針

    権限移譲を軸に、ミドルマネジメントのコーチング力向上。個々のCareer Development Programを参考にした業務分担を軸に、スタッフのマーケティング能力を向上。

    20 日本ハム

    加工事業本部 マーケティング推進部
    部長
    小村 勝(Masaru Komura)

    1988年入社。2015年関西FS部長、2017年量販企画室長、2018年に新設マーケティング推進部長兼新市場創造部長を経て、現職。

    部門人数と平均所属年数
    部門人数 15人
    平均所属年数 約4年

    2021年度の動き

    今年度の戦略方針

    お客さまにわかりやすい広告活動を展開。地上波のみならずWebを活用したブランド戦略を展開。当社独自のマーケティングプロセスを確立し、VOC(Voice of Customer)を中心において広告宣伝活動を展開していく。

    今年注力したい施策

    ● 企業のブランド価値を向上させること
    ● 商品の売上を宣伝施策で高めること
    ● デジタル/リアルの顧客チャネルの統合・一元管理

    領域注目の話題・手法

    ● 顧客体験(CX)
    ● 人工知能(AI)
    ● SDGs

    今後の人材育成の方針

    新しい時代に突入していく中、組織として改革のスピードを高めながら、失敗を恐れずに挑戦できる風土を醸成し、人材を育成していきたい。DXを含めて新時代のマーケティングを創造できる人材を育てていきたい。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略 の記事一覧

大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略(三井住友カード、森永製菓、森永乳業)
大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略(日清オイリオグループ、日本たばこ産業、日本ハム)(この記事です)
大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略(キッコーマン食品、クレディセゾン、コーセー)
大手広告主33社に聞く コロナ禍の広告戦略(I-ne、赤城乳業、アサヒ飲料)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する