広告マーケティングの専門メディア

新しい「消費」、新しい「商圏」

絵画サブスク、利用者は1年で約8倍 家のなかでもアーティストから刺激を

Casie

コロナ禍で自宅にいる時間が長くなり、部屋を居心地の良い場所にしたいと考える人が増加している。そんな中で新たに需要を伸ばしているのが、「絵画」の領域だ。国内初の絵画サブスクリプションサービスを展開する、Casie(カシエ)代表取締役社長CEOの藤本翔氏に話を聞いた。

CasieコンセプトPVより。“日常の中の絵画”が描かれる。

全国約900人のアーティストが参加 月に1度、新しい作品と出会える

画面越しのコミュニケーションのきっかけとなるような「リモート会議の背景に映えるアート特集」。年末年始、海外旅行に行きたくても行けない時期には「世界の風景アート特集」。2019年1月にスタートした絵画サブスクリプションサービスの「Casie」は、月額1980円からの3つのプランで約1万点の中から好みのアートを探すことができるシステムで、気に入れば購入も可能。レンタル料金の35%がアーティストへ還元される、エコシステムとしてのサービスであることが特徴だ。

CEOの藤本氏によると...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新しい「消費」、新しい「商圏」の記事一覧

新しい「消費」、新しい「商圏」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する