広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

ウノ50周年を盛り上げる 周年記念コンテンツを多数公開

マテル・インターナショナル「ウノ 50周年キャンペーン」

マテル・インターナショナルは、カードゲーム「ウノ」の誕生50周年を記念し、「ウノの日」である1月11日に50周年記念サイトを公開した。

50年の歴史と変遷を振り返る記念サイトを公開

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナルは、ウノの誕生50周年を記念し、「ウノの日」である1月11日に50周年記念サイトを公開した。

ウノは1971年に誕生以来、世界中で人気を博しているカードゲーム。現在では80を超える国々で年間2,000万個以上販売されており、スペイン語やイタリア語で「ウノ」は数字の1を意味することから、1が重なる1月11日が「ウノの日」に認定されている。

誕生45周年となる2016年には、ウノ史上初めてとなるルール変更を行うとともに、ウノのリニューアルを記念し、世界中から新ルールのアイデアを募集するコンテスト「Get Wild 4 UNO」を開催し、日本人のカガミハルヤさんが考案した「シャッフルワイルド」が新ルールに選ばれた。さらに、2019年にはカードの表面(ライトサイド)と裏面(ダークサイド)の2つの側面を持つ「UNO FLIP(ウノ フリップ)」が発売されたりなどと、進化を続けている。

今回オープンした50周年記念サイトでは、限定商品をはじめ、ウノシリーズの幅広い商品ラインナップを紹介する「UNO PRODUCT LINE-UP(商品情報)」や、誕生から50年の歩みを年表形式で振り返ることができる「UNO 50-YEAR CHRONICLE(ウノ50年の歴史)」など、ウノの過去から現在に至る変遷を知ることができるコンテンツおよびウノのプレイをさらに楽しくするコンテンツを紹介している。

「50 WILD CARDs SLOT」では、声優の花江夏樹さんからは「白いワイルドカードが出たら次の人は今一番 かゆ~いところを宣言し 二枚ドロー」、野田クリスタルさんからは「顔のホクロの数だけカードを引く」など、数々の個性豊かなルールが生まれた。

ウノを愛してやまない50人のインフルエンサーが集結

50周年記念サイト公開前の2020年末には、先行して施策を実施。人気声優の花江夏樹さん、小野賢章さん、江口拓也さんによるウノ対決動画「闇のUNO 50周年 ver.」の予告編をウノ公式Twitterアカウント上で公開したほか、3人のうち誰が対決に勝つかを予想する「#ウノ誰が勝つか予想」キャンペーンも行った。

マテル・インターナショナルマーケティング部の松野雅弘氏は、「段階的に企画を実施することで...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する