広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

阿部広太郎さんに聞く、コピーを教える面白さって?

「宣伝会議賞」中高生部門ではプロのコピーライターを学校に招き、コピーづくりの授業を中高生向けに行う「出張授業」を実施しています。今回は実際に出張授業の講師を務めたコピーライターの阿部広太郎さんに、出張授業の「ここがすごい!」というテーマでお話を聞きました。

10代のみんながすごい。

「コピーを書くなんて、私には関係ない」どこかそんな雰囲気を漂わせている中高生のみんなを前にして僕は語りかけます。コピーって、実はこんなにも身近にあって、普段当たり前のように使っている「言葉」を選ぶことで、世界との関係が変わっていくし、自分の行きたい方に進むことだって出来るんだよ、と。

少しずつ前のめりになっていく10代のみんな。書き方と考え方をぐんぐん吸収して、A4の白紙に書いてくれたコピーは、一人ひとりの「らしさ」がちゃんと滲んでいて、それはまるで言葉がいきいきと駆け出していく姿を目撃できたようで、僕はとても嬉しくなります。たった2時間の出張授業で、奇跡みたいなことが起こるとは言いません。でも、なにかのはじまりを予感させる瞬間はたくさんあって...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

第58回「宣伝会議賞」一次審査通過者を発表!
学生対抗企画の結果発表 最も多く一次審査を通過したのは…?
阿部広太郎さんに聞く、コピーを教える面白さって?(この記事です)
中高生が心に響く「言葉」を考える 自分の知らない才能に出会える「宣伝会議賞」
プロのコピーライターに聞く!アイデアがわくモノ・空間とは?
協賛企業も応募者にも共通する思い ともに目指すのは「昨年を超える」作品
第58回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(4)
第58回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(3)
第58回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(2)
第58回「宣伝会議賞」協賛企業のワンポイントアドバイス(1)
第58回「宣伝会議賞」中高生部門、作品募集中!
応募締切は11月19日 第58回「宣伝会議賞」募集概要
「あの1行」ができるまでの努力を体感 学生が広告を「自分ゴト化」する貴重な機会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する