広告マーケティングの専門メディア

心理学の視点

三鼎思考法ではMarket「ing」を捉えなおす

サトウタツヤ氏(立命館大学)

ものづくりからことづくり そして、「しなづくり」へ

ものづくりに勢いがなくなり、ことづくりこそが重要だと言われるようになって久しい。とはいえ、こうした言い方は二項対立を煽りやすく、意味のない論争を生み出す可能性がある。対立ではなく相補的なものとして考えるのがひとつのやり方である。あるいは、対立を鼎立(ていりつ)で捉え直すことが、重要なのではないだろうか。三鼎思考法というのは大げさではあるが、何事も二項ではなく三項で考えることが重要である。ここで三鼎の鼎、鼎立の鼎は、かなえと読む漢字であり、三脚の器のことである。

ものづくりとことづくりを二項対立から鼎立構造に持ち込むためには、「しなづくり」が重要である。真ん中に「食」という字を入れてみるとどうだろうか。食物・食品・食事となることがわかる。栽培・採取した食物を食品として流通させて食事を楽しむという流れが見えてくる。物=第一次産業、品=第二次産業、事=第三次産業である。かけ合わせて6次産業となる。ここは足し算でもいいのだが、どれかがゼロだと積がゼロになるので、どれが欠けてもダメだというメッセージになる、かけ算の方がいいと思う(個人の感想です)。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心理学の視点 の記事一覧

三鼎思考法ではMarket「ing」を捉えなおす(この記事です)
TEM(複線径路等至性モデリング)ふたたび
ビッグデータより『ナノ』データ
人によって異なる、「元の生活」をどう理解するか?
行為とその文脈を知るTEMという方法
消費者の「願い」からヒントを得る

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する