広告マーケティングの専門メディア

デジタル・トランスフォーメーション入門

ビジネスの成功を左右する「データの民主化」の実現へ (1)システム整備編

秋野 隆氏(TIS)

企業内だけでなく、広く社会全体で、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が必要とされています。そもそもDXとは何なのか? そしてDXの鍵となる、データ利活用のポイントとは? DXの基本となる考え方から実践方法まで、全12回の連載で解説していきます。

企業の競争力の源泉としてのデータ価値が増す現在、企業があらゆる場面でデータを軸とした課題解決や、価値創出を実現していくために、データサイエンティストのような専門家だけではなく、企画・営業・開発などビジネスユーザーが、各々のアイデアにもとづき社内データを自由に活用していく状態になる、「データの民主化」が注目されています。

一方、企業のデジタルマーケティング活動やIoT連携の進展により、社内で保有するデータ量は増加の一途をたどり、かつその種類は多様化しています。ここ数年でデータ統合基盤が構築され、社内の多種/大量のデータが集約されてきており、今後は、それをもとにどのような効果を出すか、データを「活かし」ビジネスのゴールを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル・トランスフォーメーション入門 の記事一覧

ビジネスの成功を左右する「データの民主化」の実現へ (1)システム整備編(この記事です)
企業のDXが、社会全体のDXを後押しする

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する