広告マーケティングの専門メディア

広告企画

データ活用をノーコードで実現!F2転換率が1.7倍に達した企業も

フロムスクラッチ

宣伝会議は2020年11月10日、11日にANAインターコンチネンタルホテル東京にて「宣伝会議サミット2020」を開催した。今回のテーマは「Move on to the Next Stage」。業種・業態を問わず第一線で活躍するマーケターや広告責任者が一堂に会し、先行きが見えない時代に未来を切り拓くための広告・マーケティングのあり方を議論した。プレゼンテーションやパネルディスカッションなど、2日間で計51のセッションが行われたが、そのなかでも主要11セッションをレポートする。

COMPANY 01 フロムスクラッチ

EC業界では、競合他社との差別化を図り、商品の売上を伸ばすためにデータ活用やデータマーケティングの重要性が高まり続けている。では、データマーケティングで成果を上げるにはどうすればいいのか。データマーケティングにおけるソリューションを提供するフロムスクラッチの矢矧利太郎氏が登壇し、事例を紹介しながら講演を行った。

同社が提供するマーケティングツール「b→dash」は、アパレル、旅行業界、スポーツ業界、コマース企業などあらゆる業種業態450社に導入されている。特徴はノーコード。データ活用の多くのツールは、データを加工したうえで取り込まないと使えないツールが多いが、b→dashは実際にコードを書かずともデータに取り込み、加工・抽出からデータ活用までワンプラットフォームで実現するクラウドシステムだ。

今回事例として紹介されたアパレル企業A社のb→dash導入前のF2転換率(初回購入者の2回目購入率)は27%。この数字はEC業界におけるF2転換率の平均値である34%を下回るもので、改善に向けて課題を抱えていた。

現状把握のためのレポート作成に必要なデータの整備に苦戦し、改善する上での前提となる課題の抽出や仮説の構築が満足にできていなかったのだ。

またレポート作成を外部に委託しており、費用もかかっていたという。機能的な分析をできていなかったうえに、PDCAをスピード感をもって回せていなかったというのが、A社が抱えていた課題だったのだ。

そこでb→dashを導入。b→dashはノーコードでデータの統合や加工を行えるので、それまでSIerしか行えなかった作業が、ユーザーの好きなタイミングでできるという特長がある。レポート作成を企業のマーケターだけで完結できるので、自分たちが取り組みたい仮説のもとに分析を組み替えられ、分析の頻度も大幅に向上することができるという。

A社では、b→dashを利用し、アクセスログ・購買履歴・顧客情報に基づく分析をしながら改善点を把握。それに合わせて施策を実行していくという基本的なプロセスを、着実にスピード感をもって、PDCAサイクルを回し、F2転換率を向上させていった。実際には「商品カテゴリー別のF2分析」「F2転換のタイミングを見る分析」「商品カテゴリー別買い回り分析」をA社で行い、それをもとにフロムスクラッチが施策を提案するような形だ。

このように分析と施策を繰り返すことによって当初、業界平均を下回る27%だったF2変換率が45%となり、1.7倍に引き上げることができた。1人当たりのLTVも1万3000円から1万5000円まで引き上げることができたという。

矢矧氏は「KPIを改善するためには、まずPDCAを回す頻度を上げないといけないが、エンジニアなど人的コストが負担になってしまうという懸念がある。A社はb→dash導入によって人的コストを引き下げたほか、テンプレートをうまく回しながらLTVやF2転換率の向上を実現することができた」と結んだ。

KPIの確認頻度=PDCAのスピード

施策と分析の改善回数があがり
KPIの改善につながる

フロムスクラッチ
取締役COO
矢矧利太郎氏

    お問い合わせ

    株式会社フロムスクラッチ
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20-1 住友不動産西新宿ビル 26階
    E-MAIL:marketing@f-scratch.com
    URL:https://bdash-marketing.com/req_inquiry/

広告企画 の記事一覧

『幸せの総量』を増やすため 社会課題解決と売上の相関をマーケティングで実現したい
全国90万人の視聴データの活用で エリアごとの広告投資配分の最適化が可能に
ブランドポジションのトラッキングが可能「広告の命」アテンションをわかりやすく
シングルソースデータを活用 データのプロでなくても、使いやすいサービス
テレビメーカー4社の視聴データが可能にする テレビ・デジタル横断の新しいコミュニケーション
マスだからこそのリーチ力に参加型の体験を付与 フジテレビが実現する新しいテレビCMの形
各分野のプロが「共創・融合」したチーム体制で実現! 運用型で成果を出し続ける「科学するテレビCM」
動画広告の活用が企業の当たり前に フルファネルで課題解決を実現する
視聴率に態度変容を掛け合わせ、テレビCMの価値可視化と出稿最適化を目指す
デジタルとアナログは相互的に活用 消費者視点に立ち、意味のある体験を提供する
医師ネットワーク×データ活用 健康志向を刺激する「医師のお墨付き」
After2020におけるブランド体験 『体験が欲しい』という対話もひとつの体験に
テレビCMもROI評価が求められるシビアな時代 広告のPDCAをトータルサポート
「効果が見えづらい」は過去の話 効果の可視化と高速PDCAで進むテレビCMのDX
顧客がサービスを利用する理由は何? データで読み解き、マーケティングに活用する
サイネージメディアのパーソナル化 ヘアサロンの特長を生かして顧客接点を創出する
3年後には日本でブレイク必至?! 米国で活況のCTV広告を実現する「TVBridge」
SNS担当の悩みを解消し、負担を軽減 成功のノウハウを蓄積できるSNS分析・運用ツール
若年層の消費行動は「ググる」から「タグる」へ ハッシュタグ検索を制して新規顧客を獲得する
Twitter施策の成否を決めるのは? すべての業種に共通する3つのポイント
データ活用をノーコードで実現!F2転換率が1.7倍に達した企業も(この記事です)
アーティストのマネタイズを支援 ファンコミュニケーションのDX
『Doファースト』で実践と検証を繰り返しチャンスを掴む
読者との絆を深める 文藝春秋の特性を生かした強力なコンテンツ発信
『Safari』のECサイト活用 ブランド醸成から販売のその先まで
編集者の力を開放するための組織変革 マガジンハウスならではの世界観を創る
変幻自在なリソースを組み合わせる、小学館の課題解決
ソリューション分野への新たな挑戦「集英社エディターズ・ラボ」も発足
女子中学生人気No.1雑誌『ニコラ』にみるメディアブランドの活用法
独自の会員基盤と電話調査でシニア市場の深いニーズを解析する
タレントもマーケターの1人!? 熱量あるコンテンツが求められる時代
クリエイティブのプロ集団が生む この時、この場所での共有体験

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する