広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

B2B Marketing Award 2020 企業向け施策の最高賞が決まる

11月26日、「B2B Marketing Award」の贈賞式がオンラインで開催された。主催のB2Bマーケティング社は2004年にロンドンで設立。BtoB企業を対象にした講座やイベントを運営している。同賞ではあらゆる業界のマーケティング責任者が審査員を務め、28の各カテゴリでゴールド、シルバーが表彰された。今回はグランプリを含む5事例を紹介する。

01 Best product launch campaign:Art of the Possible Agency
「チッピングダム公爵」の紳士的なコミュニケーション

Lamb Weston/Meijer「Dukes of Chippingdom」


世界で2番目に大きいジャガイモ加工メーカーであるラムウェストンマイヤー社が発売した、100%イギリス産原材料を使用した自然派チップス「Dukes of Chippingdom」がBest product launch campaign部門のゴールド、およびB2Bアワードのグランプリとなるキャンペーンオブザイヤーを受賞した。

同社は2019年4月から、製品開発やクリエイティブの開発と並行した消費者調査や市場データ分析を実施。翌2020年1月に、数回の販売テストを経てリリースされた。

ターゲットは卸売業者やパブ、レストランなどのバイヤーやシェフ、メニュ―開発者たち。彼らは非常に忙しく、閉店後の深夜0時以降にしかコミュニケーションを取れないといった課題があった。こうした外食産業の顧客に対し、Art of the Possible Agencyは、いかに彼らの心を動かす言葉とビジュアルで伝えるかという点に着目。トレードショーなどのイベント参加のほか、一般消費者に対するものと同様に、InstagramやFacebook、Webサイトで情報を発信した。

『誇り高き英国の伝統を持つポテトからカットされています』『この素晴らしいチップスが、英国人が行列をつくる理由だ』──“英国らしさ”を訴求した売り文句と、市場調査を基に開発された「外はサクサク、中はフワフワ」のフライドポテトは、チップスに厳しい国民からも好評を得た。

目標は発売から3カ月以内に200トンを販売すること。しかし2カ月以内に400トン以上を達成。また最初の4週間でWebサイトのクリック数は4000を超え、Instagram経由でのリードは3カ月で454件獲得。同社で最も...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

B2B Marketing Award 2020 企業向け施策の最高賞が決まる(この記事です)
2年に1度の開催 IPA Effectiveness Awards
釜山国際広告祭 AD STARS2020結果発表
D&AD最高賞に「Universal Sans」タイポグラフィ部門から初選出
人の行動をデザインする作品が目立つ D&AD賞2020が発表に
新しい技術と仕組みが生み出す ONE SHOW2020

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する