広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

目指すはエネルギーの明るい未来 宇宙戦艦が舞台のWebCM公開

日本瓦斯「SPACESHIP NICIGAS」

ニチガスは、エネルギーの平和を守る宇宙戦艦クルーたちによる愉快なストーリーを描いた新WebCM「宇宙戦艦ニチガス」シリーズ(全7話)を、11月13日から12月25日まで順次公開した。

親しみやすいコミカルなCMで企業理解の促進を狙う

日本瓦斯(ニチガス)は、エネルギーの平和を守る宇宙戦艦クルーたちによる愉快なストーリーを描いた新WebCM「宇宙戦艦ニチガス」シリーズ(全7話)を、YouTube、Twitter並びに特設Webサイトにて11月13日から12月25日までの毎週金曜日に順次公開した。 

新WebCMには、ニチガスのCMでおなじみの出川哲朗さんと本田翼さんが出演。「宇宙戦艦ニチガス」の艦長と副艦長に扮し、念力少年ポッコリ、アンドロイドのスティーブ、透視能力者マダムーンといった個性豊かなキャラクターたちと共に、エネルギーの明るい未来を目指して活動する姿が描かれている。

さまざまな事業者と協業しエネルギーの未来を共に創り上げていきたいというニチガスの熱い想いをコミカルに表現した本CMは、SF映画のようなクールな世界観を取り入れつつも、見た人が思わず笑ってしまうようなコメディタッチに仕上がっている。

本プロジェクトは、営業部門からの要望がきっかけで始まったと日本瓦斯 執行役員コーポレート本部総務部長の天野鎮機氏は話す。

「世界中が新型コロナウイルス感染症の脅威に見舞われた今、このような状況の中で『少しでもお客さまが元気になるような動画をつくってほしい』という意見を営業部門から受けました。そこで、当部門として、見た人が笑顔になるような明るく楽しい動画をつくろうという全体方針を決定しました」。

ニチガスでは、昨年から宣伝における課題として「企業理解促進」と「イメージ向上」の2点を掲げていた。本プロジェクト始動前に実施したアンケート調査でも「ニチガスって聞いたことあるけど、どんな会社?」「出川さんと本田さんのCMの会社?」といった回答が多くみられたという。

そこで、「ニチガスが何をしている会社なのか知ってもらいたい、取り組みに興味を持ってもらいたい」と考えた天野氏たちは、ニチガスの強みである「営業社員の対応力」「ガス料金の安さ」「挑戦の企業文化」、また現在推進している「DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組み」の訴求を軸にWebCMを制作することに決めた。

「部内全員で意見を出し合い、また博報堂の方々とも議論を重ね動画の設定を検討。その際に出た『DX推進といった新しい取り組みを訴求するが、あえてファンタジーな内容にした方が、見ている人に楽しんでいただけ、親しみやすい動画になるのではないか』という...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する