広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「ネーミング」の秀逸クリエイティブ事例

企業担当者が商品ネーミングを考える際は、時代性・企業の想い・名前の目立ち具合など、いろいろな要素を考慮してつくられています。インパクトに富んだもの、機能性を一言で表したものなどさまざまです。ここではネーミングの秀逸事例を紹介します。

    Case 01 マーナ「Shuppatto」


    エコバッグのネーミング。「シュパッとたためて、コンパクトになる」という機能から来ているものですが、その音(言いやすさ)や、ファッション性のある字面、そしてエコバッグが多用されるようになってきた時代性が...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する