広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「パッケージ」の秀逸クリエイティブ事例

パッケージの役割は、販促手段としてのアイキャッチ効果や、適切な商品理解の促進、そして企業や商品の背後にある想いやストーリーを伝えるコミュニケーションツールとしての役割など多岐にわたります。ここでは、パッケージデザインのプロフェッショナルが選ぶ、パッケージの秀逸事例について紹介します。

    Case 01 ジョンソン・エンド・ジョンソン「ジョンソン綿棒」


    紙容器の中心あたりの細い紙を切り取り、綿棒を取り出す。筒型の容器に入っているものは綿棒の大切な部分を触って取ることになるが、このパッケージは軸の部分を持って取り出すので、大切な部分に触れないで済む。清潔感のあるよく考えられた箱です。しかも芯にプリントされた...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する