広告マーケティングの専門メディア

広告企画

ソリューション分野への新たな挑戦「集英社エディターズ・ラボ」も発足

集英社

可変性のあるチーム編成 デジタルのみ、SNSのみの発信も

集英社では2019年、編集者の持つ力を課題解決に変える「集英社エディターズ・ラボ」を設立した。この組織の強みは、多くの編集長経験者を含む「エディター」がソリューションを広告主に対して直接、企画・実行していくことにある。同組織は、2013年に立ち上げた「コミュニケーション・デザイン室」が基点。

「当時は編集長経験者の限られたメンバーで構成されていましたが、今回は全11の編集部から選ばれた課題解決力が高いメンバー1名ずつと、編集長経験者を4名加えた計15名で構成しました。雑誌ブランドを活用した企画だけでなく、案件に合わせた様々な専門分野を持つ編集者がチームを組んで課題解決にあたっています」と広告部の田邊氏は話す。

取り組み事例は、集英社が強みを発揮するファッションやビューティー関連の企業にとどまらない。たとえば東レの使用済みペットボトルを資源とした新繊維「&+™(アンドプラス)」のブランドサイトコンテンツ制作。BtoBとしてスポーツブランドやラグジュアリーブランドへの訴求に加え、サスティナビリティやSDGsに敏感な、いわゆるZ世代に向けたBtoCのコミュニケーションを図り、会社のブランディングを行いたいという依頼を受けての企画だ。

ラボに限らず各編集部で手掛けるソリューション案件も多く、デジタルやSNSのみの事例も増えている。12月実施の高校バスケットボールの祭典「ウインターカップ2020」では、『Seventeen』専属モデル5名によるオフィシャル応援団を結成。本誌への掲載はなく、大会出場チームへの取材や試合の観戦レポートを『Seventeen』の公式Twitter、公式Instagram、公式アプリ「ST Channel」で発信するというタイアップだ。

「読者にとっては、まだ遠い企業や商品を読者の文脈を理解したコンテンツで接点をつくれる点に期待をされているのではないか」と田邊氏。こうした展開として、2019年ラグビーワールドカップの際に制作した“にわかファン限定”と銘打つラグビー応援Webマガジン「楕円球LOVE!」では、ポジション別相性診断、ボーダーを取り入れたコーディネート提案など、各ブランドの得意分野を取り入れたコンテンツを制作した。

「大切なのはお客さまの真の課題を引き出して満足いただくことです。雑誌ブランドを活用し各世代別の発信はもちろんですが、嗜好性の軸でも企業のファンづくりの相談に対応していきたいと考えています」(田邊氏)。

「&+」のブランドサイト。

「ウインターカップ2020」応援団を専属モデル5名が務める。

    お問い合わせ

    株式会社集英社
    住所:〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋2-5-10
    TEL:03-3230-6201
    E-mail:adinfo@shueisha.co.jp
    URL:http://adnavi.shueisha.co.jp

広告企画 の記事一覧

『Doファースト』で実践と検証を繰り返しチャンスを掴む
読者との絆を深める 文藝春秋の特性を生かした強力なコンテンツ発信
『Safari』のECサイト活用 ブランド醸成から販売のその先まで
編集者の力を開放するための組織変革 マガジンハウスならではの世界観を創る
変幻自在なリソースを組み合わせる、小学館の課題解決
ソリューション分野への新たな挑戦「集英社エディターズ・ラボ」も発足(この記事です)
女子中学生人気No.1雑誌『ニコラ』にみるメディアブランドの活用法
独自の会員基盤と電話調査でシニア市場の深いニーズを解析する
タレントもマーケターの1人!? 熱量あるコンテンツが求められる時代
クリエイティブのプロ集団が生む この時、この場所での共有体験
コロナ禍の転職市場 ニューノーマルで求められる価値創造力のある人材
「本物の分析」と納得の声 <行動×意識>のデータマーケティング
どう考えればいい?ファンマーケティングのKPI設定と効果測定
PR事業のDX化を通して見えた次世代のCMP構想とは?
スキルの「タグ」を増やし自分にしか持ちえない希少価値のあるキャリアを築く
ロイヤル化から考えるAfterコロナのマーケティング戦略
座右の銘は「人生グライダー理論」上昇気流が掴めれば、空高く飛べる
空に舞うドローンが『人を集めずに』実現する企業メッセージの発信
新サービス「XICA ADVA」が可能にするテレビCMの成果を最大化する新しいカタチ
番組毎、曜日毎の効果分析で成約数の最大化につなげる、再春館製薬所のテレビ戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する