広告マーケティングの専門メディア

広告企画

タレントもマーケターの1人!? 熱量あるコンテンツが求められる時代

FIREBUG

コロナ禍でメディア環境が大きく変化する中で、今後、求められるコンテンツづくりとはどのようなものか。メルカリ 取締役 President(会長)小泉文明氏とFIREBUG 代表取締役 プロデューサー 佐藤詳悟氏の対談をレポートをする。

コロナ禍で、デジタルメディアの存在感が増している。FIREBUGの佐藤詳悟氏は、「この多メディア時代に、埋もれない良いコンテンツを生むためには、つくり手側の熱量を伝えることが重要」と話す。

さらにメルカリの小泉文明氏も、「多メディア化しているからこそ、コンテンツの質がさらに問われている」と続ける。

「単にタレントとタイアップしても、『言わされている』『やらされている』感があれば、ユーザーにはすぐにばれてしまう。熱量が伝わらなければ、消費者は動きません」(佐藤氏)。

実際に、同社がサポートしてきたメルカリは、サービスとの相性の良いタレントを起用することで、ユーザーに響くコンテンツをつくり続けてきた。

例えば2016年には、メルカリのユーザーであるタレントの渡辺直美さんを起用。通常、コンテンツをつくる際には、広告主側とタレント・制作側が直接やりとりすることは少ないが、FIREBUGがハブとなり、適宜両者をアサイン。直接コミュニケーションがとれる機会をつくった。

「互いの意見を出し合い、渡辺さんのやりたいことを実現することで、ご自身もコンテンツを考えるメンバーの一員として、自分ゴト化していただけました。結果的に、広告とは関係ないSNSや出演番組などで、積極的に発信いただくなど、従来のCM契約を超えた関係が生まれました」(小泉氏)。

佐藤氏は「今後、広告主側は、タレントを単に広告に出演する人としてではなく、ともにコンテンツをつくるパートナーとしてとらえる必要があります。タレント本人の希望を把握し、それを実現することで、消費者に熱量が伝わるコンテンツが生まれます」と話す。

また両氏は、コンテンツはたくさんつくって、さまざまなメディアに置き、複数の顧客接点を生むことも重要だと話す。

「毎年同じメディアでプロモーションをしていても、新規顧客にリーチできないのは当然です。新規顧客を開拓したければ、新しいメディアを活用すべき。もちろんいきなり新規のメディアに投資することは難しいので、まずは費用のかからないメディアなどから始め、効果が出たものに費用をかけていけばよいのです」(小泉氏)。

株式会社メルカリ
取締役 President(会長)
小泉文明氏

株式会社FIREBUG
代表取締役 プロデューサー
佐藤詳悟氏

    お問い合わせ

    株式会社FIREBUG
    渋谷区代々木1-32-11Kビル6F
    03-6300-6771
    info@firebug.jp

広告企画 の記事一覧

『Doファースト』で実践と検証を繰り返しチャンスを掴む
読者との絆を深める 文藝春秋の特性を生かした強力なコンテンツ発信
『Safari』のECサイト活用 ブランド醸成から販売のその先まで
編集者の力を開放するための組織変革 マガジンハウスならではの世界観を創る
変幻自在なリソースを組み合わせる、小学館の課題解決
ソリューション分野への新たな挑戦「集英社エディターズ・ラボ」も発足
女子中学生人気No.1雑誌『ニコラ』にみるメディアブランドの活用法
独自の会員基盤と電話調査でシニア市場の深いニーズを解析する
タレントもマーケターの1人!? 熱量あるコンテンツが求められる時代(この記事です)
クリエイティブのプロ集団が生む この時、この場所での共有体験
コロナ禍の転職市場 ニューノーマルで求められる価値創造力のある人材
「本物の分析」と納得の声 <行動×意識>のデータマーケティング
どう考えればいい?ファンマーケティングのKPI設定と効果測定
PR事業のDX化を通して見えた次世代のCMP構想とは?
スキルの「タグ」を増やし自分にしか持ちえない希少価値のあるキャリアを築く
ロイヤル化から考えるAfterコロナのマーケティング戦略
座右の銘は「人生グライダー理論」上昇気流が掴めれば、空高く飛べる
空に舞うドローンが『人を集めずに』実現する企業メッセージの発信
新サービス「XICA ADVA」が可能にするテレビCMの成果を最大化する新しいカタチ
番組毎、曜日毎の効果分析で成約数の最大化につなげる、再春館製薬所のテレビ戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する