広告マーケティングの専門メディア

広告企画

独自の会員基盤と電話調査でシニア市場の深いニーズを解析する

産経リサーチ&データ

世界でも有数の高齢社会である日本。シニア世代は、企業がマーケティング戦略を立てる上で無視することのできない重要なターゲット層となっている。そんなシニア世代が持つ“生の声”の力について、産経リサーチ&データ取締役の澤田英士氏に話を聞いた。

グループ会社の知見を活かしネット&電話でニーズに対応

2020年9月に総務省統計局が発表したデータによれば、日本の総人口は減りつつも65歳以上の高齢者の人口は増加。総人口の28.7%を占めるほどとなっている(※)

「令和2年 統計からみた我が国の高齢者」(総務省統計局)より

加えて、そうしたシニア世代のなかには時間と資産に余裕のある人々も少なくない。10年ほど前からその購買力に期待を寄せる企業も増えてきており、「シニア世代を中心としたリサーチができないか」という声が増えているという。

しかし現在、主流となっているネットリサーチは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスを使いこなしているユーザーの声が反映されやすい。そのため、ネットリサーチのモニターは若年層や働き盛りの世代が中心になりがちで、シニア世代においては、モニター母数の確保が難しかったり、デジタルデバイスに不慣れな層の意見が拾えなかったりという課題があった。

そこで2020年10月、産経新聞社とテレマーケティング会社のアイ・エヌ・ジー・ドットコムがタッグを組み設立したのが、産経リサーチ&データだ。

同社が持つモニター会員データの母体となる「産経iD」は、産経新聞の購読や産経新聞グループが主催するイベントのチケット申し込み等で構築された会員基盤。美術展や落語といったシニア層が好むイベントも多数実施していることから、シニア世代が6割程度を占めるという特徴がある。

大手ネットリサーチ会社でもシニアのアンケート回収が難しいと言われるなか、同社のシニアのアンケートモニター数は現時点で約10万人。5年以内に100万人を目指すほど、シニア世代をターゲットとしたリサーチ力が強みとなっている。

また、「産経iD」の会員データの活用に加え、同社ではテレマーケティング会社アイ・エヌ・ジー・ドットコムのコールセンターの知見により、電話による調査も可能。パソコンやスマートフォンを使いこなせるモニターには、一般的なインターネットリサーチを実施し、ネットリサーチで取りこぼしてしまう層には、電話で接点を持つことができる。

電話調査は調査会社側がモニターリストや電話帳の番号などに架電し調査を行う方法が一般的だ。しかしこの場合、架電をした際にモニターが繁忙で、ゆっくり会話ができないケースが多々ある。

そこで同社はアンケート告知時に電話番号を明記し、都合が良いタイミングでモニター側から電話を架けてもらいインタビューが実施できるよう、コールセンターの体制を構築した。モニターの回答環境が整った状態で調査を行うことで、丁寧なコミュニケーションをとることができ、フリーアンサー(選択肢形式ではなく、自由な言葉で回答してもらう形式)が充実した内容になるというメリットも生まれている。

今後は、電話調査の特徴を活かし、会話音声データから感情分析などにより、ネットリサーチだけでは読み取れないシニアの思考や嗜好までを深く掘り下げ、クライアントへフィードバックすることも目論んでいるという。

同社取締役の澤田英士氏は、「相談を受ける内容は幅広く、『どういったニーズを持っているか』などの商品開発段階におけるリサーチから、『どのようなメディアで広告をうてばターゲットにリーチするのか』といった広告宣伝に関するリサーチまで、さまざまなニーズに対応して調査を行っています」と話す。

例えば、関西の温浴施設では、集客力アップを目的に世間のニーズを調査。シニア利用が相当数を占める温浴施設の案件に対し、「産経iD」の会員データと、ネット&電話により母数を確保しつつ、テレマーケティングで培った知見を活用し、電話でのニーズの深掘り調査も実施した。

「モニターとコミュニケーションを取りながらリサーチできる電話調査は、定量的なデータだけでなく、よりニーズの本質に近い定性的な意見を集めることができます」と澤田氏は電話調査との併用の価値を語る。

図「産経リサーチ&データ」サービスイメージ図

※画像提供:123RF

リサーチ業務を超えたマーケティング支援まで行いたい

同社では現在リサーチ業務が中心となっているが、今後は「産経新聞」や「サンケイスポーツ」「産経ニュース」など、多くのメディアを持つ産経新聞グループの総合力を活用し、調査結果のメディアでの広報や、調査の結果をもとにつくられた商品やサービスの発信など、リサーチ業務から一歩進んだマーケティングサポートを行っていきたいと澤田氏は話す。

また、同社では大学教授と連携することで、経済効果測定も実施している。リサーチからアウトプットまで、クライアントのマーケティングを幅広く支えていけるパートナーとして、存在感を発揮していくことを目標に設定しているのだ。

「『産経リサーチ&データ』と社名に『データ』を入れているのは、単なる調査会社としての役割を果たすだけではない事業の展望を見据えているからです。調査を請け負うだけではなく、シニア世代に関するデータを集約し、ニーズの解析やクリエイティブ手法の提案まで含めたシニアを対象とした総合的なマーケティング支援会社になることを目指しています」と、澤田氏。

今後はますます「シニア世代」とひとくくりにできない価値観の多様化が予測される。

企業からの依頼に加え、ワーケーション体験の参加者募集などで自治体と連携したサービスも実施している同社。多様な市場に関わることで獲得している幅広いデータと知識を活かし、リサーチ、さらにはデータの活用により日本の重要市場におけるマーケティング活動をサポートしていく考えだという。

産経リサーチ&データ
取締役
澤田英士氏

ラジオ大阪の子会社を退職後、2000年にアイ・エヌ・ジー・ドットコムを創業し代表取締役に就任。2020年10月、産経新聞社との合弁により、産経リサーチ&データを設立。

広告企画 の記事一覧

『Doファースト』で実践と検証を繰り返しチャンスを掴む
読者との絆を深める 文藝春秋の特性を生かした強力なコンテンツ発信
『Safari』のECサイト活用 ブランド醸成から販売のその先まで
編集者の力を開放するための組織変革 マガジンハウスならではの世界観を創る
変幻自在なリソースを組み合わせる、小学館の課題解決
ソリューション分野への新たな挑戦「集英社エディターズ・ラボ」も発足
女子中学生人気No.1雑誌『ニコラ』にみるメディアブランドの活用法
独自の会員基盤と電話調査でシニア市場の深いニーズを解析する(この記事です)
タレントもマーケターの1人!? 熱量あるコンテンツが求められる時代
クリエイティブのプロ集団が生む この時、この場所での共有体験
コロナ禍の転職市場 ニューノーマルで求められる価値創造力のある人材
「本物の分析」と納得の声 <行動×意識>のデータマーケティング
どう考えればいい?ファンマーケティングのKPI設定と効果測定
PR事業のDX化を通して見えた次世代のCMP構想とは?
スキルの「タグ」を増やし自分にしか持ちえない希少価値のあるキャリアを築く
ロイヤル化から考えるAfterコロナのマーケティング戦略
座右の銘は「人生グライダー理論」上昇気流が掴めれば、空高く飛べる
空に舞うドローンが『人を集めずに』実現する企業メッセージの発信
新サービス「XICA ADVA」が可能にするテレビCMの成果を最大化する新しいカタチ
番組毎、曜日毎の効果分析で成約数の最大化につなげる、再春館製薬所のテレビ戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する