広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

コロナ禍の放送業界を振り返る NHKインターネット業務議論の着地点はどうなるのか

明石庸司

在京キー局、売上高の減収続く 年度を通して過去最大の落ち込みも

2020年は1年を通じて、新型コロナウイルス感染症の対応に揺れた放送業界だった。民放テレビ各社の売上は軒並み低迷し、回復の兆しがみえない。

11月半ばに出そろった在京テレビキー5局の2020年度第2四半期(20年4月〜9月)連結決算では、5社ホールディングスの放送を含むセグメントの売上高は全社が減収となり、前年同期比ではいずれも10%以上のマイナスとなっている。経常利益でも、テレビ東京HDを除く4社が2ケタ以上のマイナスとなった。

在京テレビキー5社 2020年度第2四半期決算(連結)

出展:民放連「各社決算短信」より著者作成

テレビ局単体の収入を見ても、CM収入の落ち込みは激しく、特にスポットはいずれの社も前年同期比3割近い減収となっている。第1四半期は、テレビ東京を除く4社が33~35%の減少だったのに比べ、若干持ち直しているが、底を打ったとまでいえるかは微妙だ。下期は回復を期待したいが、新型コロナの感染状況を見ると、日本経済の影響を大きく受けるCM収入のV字回復は極めて難しい。いずれにしても、年度を通して過去最大の収入の落ち込みとなる可能性は高いのではないか。

在京テレビキー5社 スポット・タイム収入

出展:民放連「各社決算説明会資料」より著者作成

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ゲームの制作の主役は「学生」 ビジネス人材の育成に感じる明るい未来
イベント業界のコロナ禍を振り返る 2020年イベント産業規模の推計は前年比50%
「2020年印刷白書」にみる印刷業界の『プロモーション関連業務の受注力』
OOHメディア関係者にエール 電車内広告の存在が気になる人々も増加
コロナ禍の放送業界を振り返る NHKインターネット業務議論の着地点はどうなるのか(この記事です)
紙面の強み生かした新聞広告の現在 広い世代に発信、取材の蓄積も活用
日常のニーズをそのままビジネスに「スキル」「人材」領域に拡大するシェアリングエコノミー
次世代の進化を模索するイベント コロナ禍の変化をチャンスに転じられるか
2021年のプロモーション業界の課題 解決のカギは「コーポレート・サステナビリティ」
「デジタルサイネージアワード2020」 受賞作からDOOHのトレンドを見る
個人広告出稿や、新会社設立も 新聞各社の価値を生かす新事業
NHK受信機設置届け出義務化をめぐる議論 民放連・新聞協会からは反発の声も
マンガ業界の新たなコンテンツプラットフォーム 韓国のデジタルコミック「WEBTOON」
Go Toキャンペーン事業で日本はどう変化するのか 「新しい日常」の先にあるものを考える
リテールプロモーションアワードの受賞結果が発表 コロナ禍に成功するプロモーションの第5原則とは
京浜急行電鉄をまるごとジャック! 丸美屋食品工業の食卓を明るく楽しくする広告

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する