広告マーケティングの専門メディア

社会学の視点

Go To 猫島 聖地巡礼に見えるツーリズムの『個人化』

遠藤 薫氏(学習院大学)

自分と向き合うことで外とつながる原動力になる

GoTo トラベルキャンペーンの東京除外が緩和された。“東京者”も自制しながらであれば、旅行を楽しむことが許されそうだ。そうしたら、どこへ行こう?

「旅行」というと、少し前までは有名な景勝地や、歴史的な遺跡を巡る、というのが一般的だった。でも最近は、ちょっと様子が違う。コロナ禍の中で流行ったのが、「ソロキャンプ」。仲間同士での連帯感を楽しむのがキャンプの醍醐味といわれてきたが、ソロキャンプの魅力を広めたお笑い芸人のヒロシは、「ソロキャンプは自分ひとりで完結させる遊びである。ひとり故、不便もすべて背負い込む。逆にいえば自由もすべて享受できる」(書籍『ヒロシのソロキャンプ』より)と語っている。

「観光」という行動は、そもそもは由緒ある宗教施設─いわゆる「聖地」への巡礼を起源とする。代表的な宗教「聖地」のひとつである伏見稲荷大社に行ってみたら、「いなり、こんこん、恋いろは。」というアニメのパネルやグッズが目について、びっくりしたことがある。少し前から、「聖地巡礼」といったら、宗教的な聖地よりも、アニメやドラマの舞台となった場所を訪問するという意味になったようだ。

こういうトレンドをひと括りにすると ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会学の視点 の記事一覧

Go To 猫島 聖地巡礼に見えるツーリズムの『個人化』(この記事です)
人の心を活性化する「ノスタルジア」という感情
妖怪とコロナの時代
猫のしっぽとテレワーク

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する