広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「デジタルサイネージアワード2020」 受賞作からDOOHのトレンドを見る

デジタルサイネージコンソーシアム理事 吉田勝広

グランプリはOsaka Metro ギネス世界記録のサイネージが受賞

2020年11月11日、「デジタルサイネージアワード2020」の結果発表が行われた。このアワードは、一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムが、デジタルサイネージ作品の中から、優秀な作品を選出・表彰することで、サイネージ市場のさらなる活性化を目指すというものだ。広告運用された受賞作からいくつか紹介する。

グランプリはOsaka Metroの「Umeda Metro Vision」(写真1)が受賞。この媒体は、高さ約4m、左右約40mの「地下におけるLEDスクリーン最大ディスプレー(159.89㎡)」としてギネス世界記録に公式認定されたものだ。審査員は「圧倒的なインパクトは何ものにも代えがたい」「業界のプレゼンス向上に寄与している」と絶賛した。

写真1
グランプリのOsaka Metro「Umeda Metro Vision」

また、東京地区最大級のデジタルサイネージである東急エージェンシーの「田園都市線渋谷駅ビッグサイネージプレミアム」も優秀賞を受賞。「蹴られても壊れにくい頑丈なCOB型1.9㎜のLEDを使用しており、駅構内では初の設置事例だ。アテンション・没入感ともに、高く評価でき、業界全体のベンチマークとなった記念すべき作品」と評された。

さらに...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

日常のニーズをそのままビジネスに「スキル」「人材」領域に拡大するシェアリングエコノミー
次世代の進化を模索するイベント コロナ禍の変化をチャンスに転じられるか
2021年のプロモーション業界の課題 解決のカギは「コーポレート・サステナビリティ」
「デジタルサイネージアワード2020」 受賞作からDOOHのトレンドを見る(この記事です)
個人広告出稿や、新会社設立も 新聞各社の価値を生かす新事業
NHK受信機設置届け出義務化をめぐる議論 民放連・新聞協会からは反発の声も
マンガ業界の新たなコンテンツプラットフォーム 韓国のデジタルコミック「WEBTOON」
Go Toキャンペーン事業で日本はどう変化するのか 「新しい日常」の先にあるものを考える
リテールプロモーションアワードの受賞結果が発表 コロナ禍に成功するプロモーションの第5原則とは
京浜急行電鉄をまるごとジャック! 丸美屋食品工業の食卓を明るく楽しくする広告
コロナ禍で新聞広告に関心が集まる 自粛を余儀なくされた人々へのメッセージも
NHK、ネット業務費の上限撤廃の改定案 肥大化に民放からは懸念の声
2020年のVR/AR 市場は約1.5兆円の予測 4年前の「予測」と「現実」
ウィズコロナ時代のイベントの現状 安心・安全の確保が重要事項に
拡大するリモート営業支援への取り組み 自社営業にも求められる営業と企画の一元化
OOH 広告料金の適正化の動き 都市部だけでなく、ローカルでも

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する