広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

釜山国際広告祭 AD STARS2020結果発表

釜山国際広告祭 AD STARS2020結果発表

韓国・釜山市で行われる、全世界を対象とした広告賞「AD STARS 2020(釜山国際広告祭)」の受賞結果が発表となった。13回目を迎えた本年度のテーマは「Re:AD - Rethink,redefine and redesign」。60の国と地域から2万28件のエントリーがあった。今回、アジアの作品と、オセアニア地域の作品を紹介する。

01 Brand Experience & Activation部門:ImpactBBDO
すべての女性たちに捧げる歌

An-Nahar「The New National Anthem Edition」


本年度のグランプリに選ばれたのは2作品。ひとつは、2015年に世界初の点字スマートウォッチを発表した韓国のスタートアップ企業Dot IncorporationとServiceplan Koreaによる、視覚障害者を支援するデバイス「Dot Translate.The First Braille Translator Based on AI.」。

そしてもう1作品が、レバノンの日刊紙「An-Nahar(アンナハール)」の「The New National Anthem Edition」だ。

レバノンでは2019年9月、反政府デモが激化。数十万人が首都のベイルートほか各地に押し寄せ、乱闘や発砲が繰り返されていた。

暴力ではない解決を求めたAn-Naharは10月31日、新聞の一面に“新しい国歌”を掲載。「birthplace of men(男性発祥の地)」という歌詞を、「birthplace of men and women(男性と女性発祥の地)」に変更したのだ。その新しい国歌は、新聞社のオフィス壁面にも掲示され、ラジオでは国民的歌手のキャロル・サマハの歌声が流れた。

この歌は「聖歌」となった。ベイルート中心部の殉教者広場に集まったレバノンの女性たち。より良い国を要求するために、平等な権利を求めて“歌い”、革命において非常に重要な役割を担ったのだ。

2020年1月、アウン大統領は閣僚20人からなる新内閣を任命した。そのうちの6名が女性で、過去最高の人数。国防大臣に女性が任命されるのは、アラブ諸国で初めてのことだった。

審査員のひとりLevi Slavin氏は、「国歌には、その集団の信念や文化が表現されている。そこには大きな問題が隠されている可能性がある」と述べ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

釜山国際広告祭 AD STARS2020結果発表(この記事です)
D&AD最高賞に「Universal Sans」タイポグラフィ部門から初選出
人の行動をデザインする作品が目立つ D&AD賞2020が発表に
新しい技術と仕組みが生み出す ONE SHOW2020
ニューヨークADC賞2020 今年はインスタライブで発表
NY Festivals Advertising Awards オンラインで審査を敢行

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する