広告マーケティングの専門メディア

私の広告観

クイズを通じ『楽しい』から始まる学びを提案 積極的に学べる環境を創出する

伊沢拓司さん

「楽しいから始まる学び」をつくるメディアを運営するQuizKnockのCEOであり、「東大卒クイズ王」としても知られる伊沢拓司氏。WebメディアやYouTubeでのコンテンツ発信を通じ、エンタメの向こう側に目指すものとは。

伊沢拓司(いざわ・たくし)氏
Webメディア QuizKnock編集長、QuizKnock CEO。2016年10月にQuizKnockを立ち上げ、2019年に会社化。Webの編集やYouTubeへの出演のほか、テレビ出演や執筆、講演登壇など活動の場を広げている。「全国高等学校クイズ選手権」2連覇、「東大王」優勝などの戦歴を誇るクイズ王。Twitterフォロワー数は42.8万人(2020年10月時点)。

クイズを通して能動的な学びの機会をつくりたい

TBSのテレビ番組『東大王』をきっかけに数々のクイズ番組で活躍し、その名を知られるようになった伊沢拓司氏。現在は、自身が創業したQuizKnockのCEOとしての活動に主軸を置き、Webメディア「QuizKnock」の統括や同社が運営するYouTubeチャンネルの企画・出演を行っている。加えて、現在もテレビ出演、執筆、全国の小中高校を回る講演活動などを精力的に実施している。

伊沢氏がWebメディア「QuizKnock」を立ち上げたのは大学4年次の夏。当時は、大学院への進学を目指して勉強しながら在宅でできる仕事を探していたという。高校時代に日本テレビ主催のクイズ番組『全国高等学校クイズ選手権』で連覇を果たした経歴を持ち、当時もクイズに親しんでいた伊沢氏は、クイズ問題の作成をするアルバイトを選択。しかし実際に働く中で、問題の作成は頭脳労働であることに加え、正解の根拠を示すための文献の用意といった手間がかかるため、労働内容に比して賃金が低すぎることに疑問を抱いたという。

また同時期に、世の中ではフェイクニュースが問題に。そこで伊沢氏はクイズの持つ「投げかけることで能動的に考える力」に着目し、この社会問題を打破できる可能性があると考えた。ここにビジネスチャンスを感じたこと、自身を含むクイズ作成の仕事に携わる人たちがより良い機会を手にできるようにしたいと思ったことなどから、サービスの立ち上げに至った。

「楽しいから始まる学び」を掲げるQuizKnockが最終的に目指すのは、楽しいから始まる学びの「習慣付け」。エンターテインメント性を追求したコンテンツで楽しんでもらいながら、だんだんと「知ることの楽しさ」に気付いてもらうことで、学びへの積極的な姿勢を育もうとしている。初めから教育を意識するとどうしても学びの要素が強くなってしまうため、あくまでも普通のエンタメと張り合える楽しさを基本にし、その中に学びがあるコンテンツを目指していることが特徴だ。

幅広い仕事をマルチにこなす伊沢氏だが、それらはすべてQuizKnockの活動にプラスになるかどうかという基準で選んでいると話す。

「基本的にはQuizKnockの自分でありたい...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

私の広告観の記事一覧

私の広告観の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する