広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

学生時代から、プロになった今も挑戦! 大切なのは自分だけの「気づき」を得ること

森下夏樹さん

test

「宣伝会議賞」をきっかけに広告コピーの魅力にはまり、プロのコピーライターを志した人も多くいます。実際にコピーライターとして活躍し、現在も「宣伝会議賞」に挑戦を続ける人は、応募期間中にどのようにコピーと向き合うのでしょうか。学生時代から応募を重ね、第55回では協賛企業賞を受賞したコピーライターの森下夏樹さんに話を聞きました。

広告業界への入口はふと手に取った『ブレーン』

第50回から「宣伝会議賞」に挑戦している森下さんは現在、外資系クリエイティブエージェンシーのAKQAで、シニアコピーライターとして活躍している。最初に応募した当時、学生だった森下さんが「宣伝会議賞」の存在を知ったのは、ふと手に取った『ブレーン』がきっかけだったという。

「もともと小説が好きで言葉を書いたり、考えたりすることに興味がありました。初めて応募した『宣伝会議賞』では自信を持って臨んだのですが、結果は散々。その時の悔しさがなければ、ここまで広告コピーに夢中になっていなかったと思います」。

いっぱい“書く”というより、いっぱい“考える”ことを意識する

森下さんの募集期間中のルーティは...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

「あの1行」ができるまでの努力を体感 学生が広告を「自分ゴト化」する貴重な機会
第58回「宣伝会議賞」最終審査員・一次審査員を紹介!
学生時代から、プロになった今も挑戦! 大切なのは自分だけの「気づき」を得ること(この記事です)
コピーシルバーと協賛企業賞をダブル受賞 「宣伝会議賞」は大人になって掴んだ青春!
言葉には「自分らしさ」が反映される だからこそ選ぶのも扱うのも難しい
アイデアはひとりで絞り出すのが基本 コロナ禍でも「宣伝会議賞」は変わらない!
「宣伝会議賞」前年度受賞者インタビュー 3度目の正直で勝ち取ったグランプリ
第58回「宣伝会議賞」大学生チーム対抗企画のご案内
宣伝会議賞「中高生部門」、今年も開催します!
第58回「宣伝会議賞」作品募集開始!
第57回「宣伝会議賞」中高生部門 審査講評
第57回「宣伝会議賞」眞木準賞受賞者コメント・シルバー受賞者コメント
第57回「宣伝会議賞」グランプリ・コピーゴールド・CMゴールド受賞者コメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する