広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A

YouTube上の動画投稿 削除申請が違法行為になる?

岡本健太郎氏(骨董通り法律事務所)

    QUESTION:

    Q. 競合他社が、当社の類似製品の動画をYouTubeに投稿していました。著作権侵害を理由に、動画の削除を要求できますか?

ANSWER:

POINT 1
DMCAの削除申請

先日、YouTubeに編み物の動画を投稿していた女性YouTuberが、別の女性らに対して、損害賠償請求を行ったとの報道がありました。女性YouTuberは、著作権侵害を理由とする被告女性の削除申請によって、自身の投稿動画が削除されたようです。今回は、これを契機に、削除申請について検討します。

削除申請は、米国のDMCA(デジタルミレニアム著作権法)のNotice & Takedown手続に基づくものです。DMCAは、著作権侵害を主張する者から削除申請を受けたプロバイダに、著作権侵害か否かの実体的な判断を行わず、対象コンテンツを削除することを認めています。YouTube、Facebook、Twitterなども同様の制度を導入しています。

なお、日本にも削除依頼の制度があります。ただ、対象コンテンツをアップロードした発信者が削除に不同意であれば、対象コンテンツが削除され難い制度設計とも言われています。

POINT 2
削除申請の流れ

YouTubeにおける削除申請の流れは、概要、以下のとおりです...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A の記事一覧

YouTube上の動画投稿 削除申請が違法行為になる?(この記事です)
Twitterを使ったプロモーション リツイート行為が著作者人格権侵害になる?
ネットで見つけた写真を資料に使用 違法アップロードされた写真だった場合、著作権侵害になる?
自社のロゴのパロディが作成されWebサイトに掲載に。著作権侵害を理由に削除を要求できる?
タレントが演奏している映像をSNSに投稿し、コラボ動画の投稿を呼び掛ける予定。 著作権法上、注意点はある?
店舗デザインは著作権法で保護されるの?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する