広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

データカンパニーへ進化を遂げる、マクロミルの新戦略

佐々木 徹氏(マクロミル)

リサーチ会社の枠を超えデータを駆使して課題を解決

リサーチ会社大手のマクロミルは、今年創業20周年を迎えた。創業当時は日本におけるネットリサーチのパイオニアとして「ネットリサーチならマクロミル」を標榜してきたが、その後、総合リサーチ会社へ進化し、デジタルマーケティング支援を開始するなど、時代に合わせ役割を変えてきた。

そして20周年の節目を迎えた今、顧客にとっての「真のマーケティングパートナーを目指し、リサーチ会社の枠を超えデータカンパニーへの進化を遂げる」と、新たな目標を掲げる。9月に取締役兼代表執行役社長グローバルCEOに就任した佐々木徹氏は目指す姿を「顧客に伴走するパートナー」と説明する。

リサーチ会社という枠を超え、データカンパニーへの進化を目指す背景としては、消費者のタッチポイントの増加、クライアント自体が取得できるデータのバリエーションが増加しているという2つの理由があるという。「こういった考察を踏まえ、当社では顧客のマーケティング課題を解決するため、リサーチにとどまらず、データ全般のハンドリングをし、課題解決に向けたソリューションを提供していきたいと考えている」。

リサーチのプロとして培ってきたデータ利活用のスキルを生かして、マーケティング課題を解決...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

データカンパニーへ進化を遂げる、マクロミルの新戦略(この記事です)
ブランドを愛し続けてもらうために『終わりのない』マーケティングをデジタルで支援
社長をキャラクター化 社内広報にも広がるIPマーケティング
消費者のモチベーションとパーパスをつなぎ企業課題を解決したい
デザイン力でブランディング支援 60周年を機に「デザインエージェンシー」目指す、たき工房
ベクトルとIMの知見を結集 プライバシーテック領域で新事業を立ち上げ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する