広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

OOH 広告料金の適正化の動き 都市部だけでなく、ローカルでも

デジタルサイネージコンソーシアム理事 吉田勝広

ビジネスマッチングが進む ローカルメディアと広告会社

2020年8月28日、屋外広告取引市場JAODAQ(ジャオダック)の広告会社向け説明会がオンラインで行われた。JAODAQはOOHメディアのオーナーと広告会社をマッチングさせるクラウド型取引市場を運営するユニークな事業者だ。ネットワークを介して売買気配値を提示するプラットフォームを提供するほか、媒体社への広告ビジネスコンサルティングも行っている。説明会では湘南モノレールのほか、長野県や新潟県の交通媒体などローカルな媒体社からの紹介もあった。

今回注目したのは、熊本県の大型複合商業施設、「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチクマモト)」の広告媒体だ。同施設は、ホテルをはじめ、多目的ホールやバスターミナルなどが入っており、2019年9月14日の開業日には25万人が訪れた熊本のランドマーク的存在だ。地下1階から地上4階までの館内には、デジタルサイネージ57面や大型電飾看板、ポスターなどのOOHメディアがある(写真1)。

写真1 「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチクマモト)」では、デジタルサイネージ57面や大型電飾看板、ポスターなどのOOHメディアが設置されている。

媒体開発における一番の課題は...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2020年のVR/AR 市場は約1.5兆円の予測 4年前の「予測」と「現実」
ウィズコロナ時代のイベントの現状 安心・安全の確保が重要事項に
拡大するリモート営業支援への取り組み 自社営業にも求められる営業と企画の一元化
OOH 広告料金の適正化の動き 都市部だけでなく、ローカルでも(この記事です)
コロナ禍でも平和への祈りは忘れない ウイルスと共存する世界での追悼を考える
心理変容をもたらすメディア再評価されるテレビの媒体力
「新しいスポーツ大会開催様式」ウィズコロナで運営はどう変わるか
大阪・関西万博、2025年につながる一歩 アフターコロナ時代に開催される意味とは
ソーシャルディスタンスがやむをえない今求められるのは顧客距離の「親密化」
新宿駅に巨大OOHメディアが誕生 大きさを生かした広告表現に募る期待
新聞各社が多彩な新事業 コロナ禍で変わる社会と生活に対応
五輪延期でも4Kテレビの普及は堅調 NHKはBS・AMを削減へ
外出自粛で高まった動画配信サービスの需要 視聴者行動はどのように変化したか
スポーツイベントがもたらす経済効果 東京2020の開催は可能か
「プロモーション・ワークシステム」の変革 戦略から実施管理までの業務を一括化
デジタルサイネージの原点に立ち返る 今、OOHメディアにできること

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する