広告マーケティングの専門メディア

世界のトップクリエイターの判断力──クリエイティブの潮流2020

国際広告賞の受賞作から見る 2020年のクリエイティブ(2)

新型コロナウイルスの影響によって、世界中さまざまな広告賞が延期・中止またはオンライン開催となった。このような状況下で、評価された作品からは未曽有の年となった2020年を反映するかのように、新しい潮流が見えてくる。ここでは、本誌の「WORLD REPORT」連載で取り上げた国際広告賞の受賞作品をまとめて紹介する。

ONE SHOW2020

6月17日から18日にかけて結果が発表された、世界三大広告賞のひとつ「ONE SHOW2020」。世界を代表するクリエイターたちによって19部門の審査がオンラインで行われ、171個のゴールド、169個のシルバー、213個のブロンズが授与された。


部門:受賞者 クリエイティブユーズオブデータ部門他:Jung von Matt AG+Markenfilm CROSSING+Markenfilm SPACE
作品名 NDR Elbphilharmonie Orchester「For Seasons」

気候変動データを音楽に反映

年間で最も環境に配慮した作品に贈られる「Green Pencil」に選ばれた本作品。いまや「気候危機」ともよばれる温暖化の現状を、多くの人に実感してもらうための施策だ。ドイツのNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団によって演奏されているのは、ヴィヴァルディの「Four Seasons(四季)」をベースにした「ForSeasons」。「四季」の作曲から約300年間の気候変動をデータ化し、楽譜に反映させた。例えば、鳥のさえずりのモチーフを、元の譜面から15%削除。「春」と「夏」の境界線はぼやけ、キーは揺れ動く。

アンバランスで聴くに堪えない音楽となった「四季」。実際に地球で起こっている、調和の崩壊を表現した。




部門:受賞者 モバイル部門:Goodby Silverstein & Partners
作品名 Daughters of the Evolution「LESSONS IN HERSTORY」

教科書に浮かび上がる「彼女たちの歴史」

子供たちが挙げる偉人の名前は、ほとんどが男性ばかり...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界のトップクリエイターの判断力──クリエイティブの潮流2020の記事一覧

世界のトップクリエイターの判断力──クリエイティブの潮流2020の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する