広告マーケティングの専門メディア

世界のトップクリエイターの判断力──クリエイティブの潮流2020

Adweek50で受賞歴もある Droga5のCCOが示すブランドの在り方

Neil Heymann(Droga5)

パンデミックによって人々の生活は大きく変わり、予測不可能な事態が続く中、広告はどうあるべきなのか。最前線で活躍するトップクリエイターに、これからの潮流について聞きました。

Droga5 Global Chief Creative Officer
Neil Heymann
オーストラリアのシドニー、アムネシア、TEQUILA/TBWAでキャリア開始。2007年に米国移転後は、クリスピンポーター+ボグスキーボールダー、Y&Rを経て2009年にDroga5に参加。以来、2013年エグゼクティブクリエイティブディレクター、2018年にはチーフクリエイティブオフィサー、2019年から現職。2018年のAdweek 50を受賞。25 個を超えるエージェンシー オブ ザ イヤーの受賞、4つのFast Company World's Most Innovative Companiesの表彰、最近ではAdweekのエージェンシー オブ ザ ディケード(10年で最も優秀なエージェンシー)受賞に貢献。

Q1. 「2020年のクリエイティブの潮流」として感じていること

世界中が新しい生活様式に適応せざる得ない中、我々のプロセスや仕事のなかで見えてきた発見があります。それは物理的距離がある中でも、ブレインストーミング、リモートでの撮影やプレゼンテーション(在宅勤務での提案活動)など、創造性を発揮していくことが求められているということ。その創造性を発揮する方向として...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界のトップクリエイターの判断力──クリエイティブの潮流2020の記事一覧

世界のトップクリエイターの判断力──クリエイティブの潮流2020の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する