広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A

Twitterを使ったプロモーション リツイート行為が著作者人格権侵害になる?

岡本健太郎氏(骨董通り法律事務所)

    QUESTION:

    Q. 当社では、プロモーションにTwitterを利用しています。先日「リツイート行為が著作者人格権侵害となる」旨の最高裁判決があったようですが、著作権法上、注意すべき点はありますか?

ANSWER:

POINT 1
著作者人格権

本年7月、「リツイート行為が氏名表示権侵害になり得る」旨の最高裁判決がありました。判決には批判もありますが、Twitter利用者への影響も少なくありません。この事件の高裁判決は第5回でも取り上げましたが、今回は、最高裁判決を契機に、リツイートについて再考します。

これまでのおさらいですが、著作者の権利には、主に著作物の財産的側面に着目した「著作権」と、著作者の人格的側面に着目した「著作者人格権」があります。著作者人格権には、①公表権(未公表著作物の公表の有無、方法等を決定する権利)、②氏名表示権(著作者名の表示の有無、内容等を決定する権利)、③同一性保持権(著作物を勝手に改変されない権利)などがあります。勝手に自分の名前が消されたり、作品が変えられたりしたら、嫌ですよね。著作者人格権は、こうしたクリエイターの尊厳を保護しているのです。

POINT 2
最高裁判決の概要

事案をかなり簡略化しますが、ある写真家の写真(左下に著作者名の表示あり)が、何者かによって無断でTwitterに投稿され、さらに、その投稿が別の何者かによってリツイートされました。Twitterの仕様上...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたい 著作権なんでもQ&A の記事一覧

Twitterを使ったプロモーション リツイート行為が著作者人格権侵害になる?(この記事です)
ネットで見つけた写真を資料に使用 違法アップロードされた写真だった場合、著作権侵害になる?
自社のロゴのパロディが作成されWebサイトに掲載に。著作権侵害を理由に削除を要求できる?
タレントが演奏している映像をSNSに投稿し、コラボ動画の投稿を呼び掛ける予定。 著作権法上、注意点はある?
店舗デザインは著作権法で保護されるの?
新型コロナウイルス感染の拡大防止のためにイベントが中止に、チケット代の払戻は必要?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する