広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

新宿駅に巨大OOHメディアが誕生 大きさを生かした広告表現に募る期待

デジタルサイネージコンソーシアム理事 吉田勝広

高さ1.8m、左右35mの巨大媒体 JR東日本最大級の大きさで登場

2020年7月19日、JR新宿駅に東西自由通路が開通した。これまであった改札内の北通路を、約17mから約25mに拡幅し、改札外とすることで西口と東口の間を自由に移動できるようにしたものだ。長さは100メートルあり明るく広い印象を受ける。

この壁面に、高さ1.8m、左右35mの巨大媒体「新宿東西自由通路スーパーパノラマ」が誕生し、同日から広告運用が開始された。仮囲い上での掲出で期間限定だが、JR東日本最大級の大きさを誇る。

コンピューターゲーム会社のYostarは、スマートフォンアプリ「アークナイツ」が国内リリースから半年を迎えたことを記念して、この媒体での広告出稿を約2週間にわたり実施した。ゲームコンテンツ内のメインストーリーの各章をフィーチャーした構成で、西口から東口へ歩くことで、序章「暗黒時代・上」から第六章「局部壊死」までを、まるでストーリーを辿るように見て回れるようにしていた(写真1)。

写真1 JR新宿駅東西自由通路に設置された巨大メディア「新宿東西自由通路スーパーパノラマ」。高さ1.8m、左右35mで、JR東日本最大級の大きさを誇る。

媒体の長さをうまく使った表現だ。また...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「新しいスポーツ大会開催様式」ウィズコロナで運営はどう変わるか
大阪・関西万博、2025年につながる一歩 アフターコロナ時代に開催される意味とは
ソーシャルディスタンスがやむをえない今求められるのは顧客距離の「親密化」
新宿駅に巨大OOHメディアが誕生 大きさを生かした広告表現に募る期待(この記事です)
新聞各社が多彩な新事業 コロナ禍で変わる社会と生活に対応
五輪延期でも4Kテレビの普及は堅調 NHKはBS・AMを削減へ
外出自粛で高まった動画配信サービスの需要 視聴者行動はどのように変化したか
スポーツイベントがもたらす経済効果 東京2020の開催は可能か
「プロモーション・ワークシステム」の変革 戦略から実施管理までの業務を一括化
デジタルサイネージの原点に立ち返る 今、OOHメディアにできること
地元支援の尽力は止めない コロナ禍で拡大する地方新聞社の取り組み
テレビ・ラジオ業界の営業収入予測 厳しい状況が続く2020年
「リアルな場所」が重視されない? オンラインシフトでコミュニケーションはどう変わるか
「2019年の日本を盛り上げたイベントを振り返る~第6回JACEイベントアワード~」
ポストコロナを乗り切るキーワードは「新しいプロモーション様式」
STAYHOME期間で大注目、スシローのOOH広告が渋谷をジャック

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する