広告マーケティングの専門メディア

小売・サービス業 顧客接点における取り組みの最前線

「安心・安全」を徹底 新しい生活様式に対応した店づくり

いち

ウィズコロナ時代おいては、感染拡大防止のため、店舗には対策が求められる。もしも店内感染が起きれば、経営自体が厳しくなる。ここでは、コロナ対策を徹底している、ひとりしゃぶしゃぶ「いち」の取り組みを紹介する。


ひとりしゃぶしゃぶ「いち」は2019年10月23日にオープンした“お一人さま”向けのしゃぶしゃぶ専門店。店内は全席カウンターで、回転ずしのように食材は回転レーンを回る。注文はすべてタッチパネルで行うという“ひとりしゃぶしゃぶ”スタイルを提案している。

鍋は1人1台あるため、ひとりでしゃぶしゃぶをゆっくり楽しんだり、グループで来店し、それぞれ自分だけの鍋でお互いを気遣うことなく、しゃぶしゃぶを楽しむこともできる。

緊急事態宣言の発令によって、休業していたが今年5月31日、“コロナウイルス店内感染ゼロ”を掲げ、ウィズコロナ時代に対応した店舗としてリニューアルオープン。ひとりしゃぶしゃぶ専門店だからこそ可能な徹底したコロナ対策に取り組んでいる。

カウンター席の間仕切りはもちろんのこと、安心して食事をしてもらうために、具体的な対策をまとめたポスターやチラシを制作。店員と顧客の接触も減らすようにした。

もともと、お肉が回るということもあり、安心・安全を掲げ、衛生管理を徹底した店舗だったと話すのは、運営会社ツースリーの経営企画部広報課・仲田彩花氏だ。

今後飲食店には...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

小売・サービス業 顧客接点における取り組みの最前線 の記事一覧

「安心・安全」を徹底 新しい生活様式に対応した店づくり(この記事です)
新しいビジネスも創出 世界観が重要な店舗ならではの取り組み
商店街で見かけた! 安心・安全つくる「こんな工夫・あんな工夫」
オーバーストア状態の美容室 コロナ禍でも『選ばれる』店舗の感染症対策
これからの飲食店に求められる 『エンゲージメント』と『ビジネスモデル』

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する