広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

社長をキャラクター化 社内広報にも広がるIPマーケティング

高倉喜仁 氏(ディー・エル・イー)

キャラクターだけでなくライフスタイル領域にも拡大

キャラクター等のIPを使用したマーケティングを手掛けるディー・エル・イーは、米国ハリウッド・メジャーへの映像コンテンツ・ビジネス・コンサルティングサービスを提供するパサニアが前身。その後、2003年に現在の社名に変更。以後、日本と海外をつなぐコンテンツマネージメントに従事してきた。

転機が訪れたのは2006年。『THE FROGMAN SHOW』(『秘密結社 鷹の爪』)がテレビ朝日系列で放送されブレイク。会社の成長に大きく貢献した。現在はキャラクターだけでなく、ファッションやビューティなどライフスタイル領域でも、IPを活用したマーケティング支援を行っている。

同社取締役COOの高倉喜仁氏は「私たちのビジネスは、クライアント企業のマーケティング支援のためのキャラクター活用の提案と、自分たちでキャラクターをつくり、育成し、グッズやLINEスタンプ、映像等で収益を得る2つから構成される。キャラクターを育成してきたノウハウをもとに企業のオリジナルキャラクター制作の相談にものっている」と話す。

また企業がキャラクターをマーケティングに使うメリットとして、高倉氏は3つのポイントをあげる。ひとつは...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

社長をキャラクター化 社内広報にも広がるIPマーケティング(この記事です)
消費者のモチベーションとパーパスをつなぎ企業課題を解決したい
デザイン力でブランディング支援 60周年を機に「デザインエージェンシー」目指す、たき工房
ベクトルとIMの知見を結集 プライバシーテック領域で新事業を立ち上げ
ソニーグループのAI技術を用いて デジタルマーケティングを支援
商業施設のシネコンを舞台に 企業のマーケティングを支援

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する