広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

外出自粛で高まった動画配信サービスの需要 視聴者行動はどのように変化したか

吉本興業/iU 志村一隆

コンテンツ視聴が増えると、フィギュアなどの関連グッズも収益源となる。

需要高まる動画コンテンツ Netflixの加入者は1.8億人に

先日、知人がこんなことを言っていた。「コロナで家で動画見てたでしょ。みんなコンテンツを見る目が肥えただろうね」。

たしかに、「ついにNetflixに入ってしまった」という声をよく聞くし、Netflixの韓流ドラマ『愛の不時着』『梨泰院クラス』が巷で話題になっているのも、コロナのおかげなのかもしれない。この4月から6月の数値はまだ発表されてないが、Netflixの今年1月から3月の加入者は、大方のアナリスト予想の2倍となる1500万人増。合計で約1.8億人にも達する予測だ。

このコロナ禍で、コンテンツに対する視聴者行動はどのように変容したのだろうか。大きくまとめると次の2つになるだろう。

利用頻度が増えれば増えるほど高まるのは「コンテンツ視聴欲」

まずひとつめが、冒頭で述べたように、映像視聴が増え、コンテンツを見る視聴者の目が肥えたこと。そして2つめが、旧作の視聴が増えたことである。

視聴頻度が増えれば、それだけコンテンツに対する興味や要求が増し、視聴欲が高まる。Netflixなどのインターネット映像配信サービスに実装されているレコメンド機能でも出てこないコンテンツが見たくなる。コロナ禍の在宅期間中に、コンテンツを見続けたおかげで、色々な文化を知ることができたし、自分が面白いと思えるレベルが、以前より高くなってしまった。

筆者は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

外出自粛で高まった動画配信サービスの需要 視聴者行動はどのように変化したか(この記事です)
スポーツイベントがもたらす経済効果 東京2020の開催は可能か
「プロモーション・ワークシステム」の変革 戦略から実施管理までの業務を一括化
デジタルサイネージの原点に立ち返る 今、OOHメディアにできること
地元支援の尽力は止めない コロナ禍で拡大する地方新聞社の取り組み
テレビ・ラジオ業界の営業収入予測 厳しい状況が続く2020年
「リアルな場所」が重視されない? オンラインシフトでコミュニケーションはどう変わるか
「2019年の日本を盛り上げたイベントを振り返る~第6回JACEイベントアワード~」
ポストコロナを乗り切るキーワードは「新しいプロモーション様式」
STAYHOME期間で大注目、スシローのOOH広告が渋谷をジャック
コロナ禍の注意喚起に新聞広告 AI、音声広告巡り新たな動きも
プレゼントキャストが会社名を変更 キー局の「TVer」主導が明確に
コロナ禍で増加するネット利用 オンラインコンテンツで新たな視聴体験
コロナの収束はいつ? 軒並み中止となる大規模イベント
プロモーション業界変革のとき 「戦略提案力」でコロナ後に備えを
外出自粛の検証で人流解析データに注目 OOHメディアでも活用の契機となるか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する