広告マーケティングの専門メディア

広告界イベント&新商品情報

CARTA HOLDINGSが「PORTO tv」を開発 ほか、他 6月の広告界イベント&新商品情報

CARTA HOLDINGSが「PORTO tv」を開発。提供を開始


CARTA HOLDINGSは、広告主が自らテレビCMを簡単にネット上で発注・制作・効果検証・最適化ができる次世代型テレビマーケティングプラットフォーム「PORTO tv」を開発し、提供を開始することを5月27日に発表した。

「PORTO tv」では、電通が保有するテレビCMに関わるアセットを活用し、AIを用いた高精度なシミュレーションやレポーティングを実現する。

これまでは初めてテレビCMを出稿する企業にとって、企画や制作、放送枠の獲得や効果検証などに多くの費用や労力が必要だった。また、効果指標が複雑かつ不明瞭で、配信実績の可視化までに数週間から数か月ほど時間がかかるため、リアルタイムでの比較や最適化がしにくく、費用対効果が不透明などの課題が生じていた。「PORTO tv」では、独自のツールにより、配信実績を最短で広告掲載の翌日に把握することができる。また、シミュレーションデータと比較しながら、AIによるチューニングでさらなる最適化を図ることも可能。

同社は今後、オンライン・オフラインをまたいだ多様なフォーマットを統合計測・管理・配信できる、ブランド向け統合マーケティングプラットフォームを目指していきたいとしている。

Data Chemistryが「サイトユーザープロファイリング」の提供を開始


データマーケティング領域のソリューションを提供するData Chemistryは、自社Webサイト訪問者のデモグラフィック特性やテレビ視聴傾向などを可視化する「サイトユーザープロファイリング」を開発し、5月25日に提供を開始した。

これまで、同社独自のパブリックDMPであるDC Catalyzerと、企業が保有するサイト訪問者のデータを統合して分析したいという要望が多くあったことから、同社は個別に分析サービスを提供してきた。今回は、その分析を「サイトユーザープロファイリング」という定型サービスとしてリリース。

本サービスでは、サイト訪問者の属性(性別・年齢構成・居住地など)や、テレビ視聴傾向(地上波放送局の視聴曜日時間帯)を可視化。コミュニケーションターゲットを策定する材料として活用できるほか、テレビ視聴傾向を参考にして、テレビ出稿のプランニングの材料として役立てることが可能になる。対応エリアは関東・関西・名古屋の3エリアだ。

同社は今後、自社ユーザーや競合ユーザーの基本属性や生活意識・価値観、メディア接触状況などを分析する「リアルユーザープロファイリング」サービスも提供していく。

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界イベント&新商品情報 の記事一覧

CARTA HOLDINGSが「PORTO tv」を開発 ほか、他 6月の広告界イベント&新商品情報(この記事です)
博報堂×東大先端研 共同プロジェクト発足、他5月の広告界イベント&新商品情報(2)
電通、広告のオンオフ連携を最大化するフローを共同開発、他5月の広告界イベント&新商品情報(1)
DtoC特化型広告支援会社「Barriz」が設立、他4月の広告界イベント&新商品情報
博報堂 DACなどと連携し、 サービスの機能強化、他3月の広告界イベント&新商品情報
LINEリサーチが新パートナー制度導入、他2月の広告界イベント&新商品情報
博報堂など3社が共同で店頭の販促支援サービスを提供、他1月の広告界イベント&新商品情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する