広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「2019年の日本を盛り上げたイベントを振り返る~第6回JACEイベントアワード~」

一般社団法人 日本イベント産業振興協会 事務次長 菊地浩之

JACEイベントアワード受賞作発表 最優秀賞に輝いたイベントとは?

緊急事態宣言が解除されて約1カ月が過ぎた。政府は段階的緩和の目安として、移動、観光、イベント、プロスポーツなどの対象ごとに制限を緩和するステップを発表、慎重な経済活動の再開を促している。

そして、人々が街に戻り始めた6月、2019年の最も優れたイベントを表彰する「第6回JACEイベントアワード」(主催:日本イベント産業振興協会)が選出された。昨今の状況を考慮し、表彰式を中止した本アワードだが、昨年の第5回をひと区切りと考えて、新たなステージへ昇華すべく様々な見直しを行った。

今回の応募総数は147作品。その頂点に立つ最優秀賞の<経済産業大臣賞>には、「TOKYO MOTOR SHOW 2019 FUTURE DRONEENTERTAINMENT“CONTACT”」が選出された。未来のモビリティ社会を全面に打ち出す「東京モーターショー」の象徴として、没入型ドローン・エンターテイメントの斬新さが評価され、受賞に至った。

そして、イベント業務管理士がインターネット投票で選出する<イベントプロフェッショナル賞>では、「えひめさんさん物語『アーティストinファクトリー』」が受賞。行政とその関係団体、住民、地元企業などが協同して開催する「東予東部圏域振興イベント」のプログラムで、企業とアーティストがコラボした工場芸術祭への取り組みが斬新だった。

なお、特別賞には...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「リアルな場所」が重視されない? オンラインシフトでコミュニケーションはどう変わるか
「2019年の日本を盛り上げたイベントを振り返る~第6回JACEイベントアワード~」(この記事です)
ポストコロナを乗り切るキーワードは「新しいプロモーション様式」
STAYHOME期間で大注目、スシローのOOH広告が渋谷をジャック
コロナ禍の注意喚起に新聞広告 AI、音声広告巡り新たな動きも
プレゼントキャストが会社名を変更 キー局の「TVer」主導が明確に
コロナ禍で増加するネット利用 オンラインコンテンツで新たな視聴体験
コロナの収束はいつ? 軒並み中止となる大規模イベント
プロモーション業界変革のとき 「戦略提案力」でコロナ後に備えを
外出自粛の検証で人流解析データに注目 OOHメディアでも活用の契機となるか?
学び活用からAI 記者まで続々と始まる、新聞社の新たな取り組み
外出自粛要請が影響 テレビ視聴量が大幅に増加
コロナの影響でテレワークが普及 進む業務効率化と広がるビジネスチャンス
東京2020 五輪の延期が決定 来年7月23日までに何をすべきか?
プロモーション広告費は、5年ぶりに前年増 戦略力とクリエイティブ力で購買意欲を創出
地方紙による新サイト開設相次ぐ 地域に根差した報道と融合

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する