広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

会えなくたって、乾杯! 「スーパードライ」オンライン飲み

アサヒビール「いいかも!オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」

アサヒビールは4月25日より、オンラインイベント「いいかも!オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」を開催した。

自宅ですごす人々に向け新しいビール飲用の場を提供

アサヒビールは同社ブランド「スーパードライ」の情報発信の一環として、オンラインイベント「いいかも!オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」を4月25日から開催。本企画は特設サイトより応募した人の中から、抽選で当選した1000名が、同社が主催するオンライン飲み会に参加できるというもの。5月末までに全4回実施され、第1回はお笑いコンビの三四郎、秋元真夏さん、アサヒビールイメージガールの高田里穂さんも参加し、イベントを盛り上げた。

他にも特設サイトには、ダウンロードしてイベント中に使用できるバーチャル背景や、カメラに向かってジェスチャーをすると、「アサヒ・スゥパァ・ドラァイ」と音声が鳴り響くオリジナルARといったユニークなコンテンツを用意するなど、ブランドが一方的に発信するのではなく、参加者との双方向のコミュニケーションをとれるような工夫が施されている。また、飲食店のテイクアウトやデリバリーを少しでも支援できるよう、本施策の告知やイベント内で、啓蒙活動も行った。

さらに本企画に関連して、YouTubeのアサヒグループ公式チャンネルでは、俳優の菅田将暉さん、中村倫也さん、小日向文世さん、尾上菊之助さんによる「『会えなくたって、乾杯!』タレントメッセージ動画」も公開し、新型コロナウイルスにより自宅ですごす人々に向けてメッセージを発信している。

イベントには予想を上回る多くの人が応募。「直接会えなくても、繋がれる価値」を体感した。

特設サイトには、オリジナルARやバーチャル背景といったコンテンツも用意されている。

YouTubeでは「『会えなくたって、乾杯!』タレントメッセージ動画」も配信。

定員を大きく上回る反響 人を繋ぐブランド価値を再認識

スーパードライは、2019年11月、新たなブランドメッセージとして「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」を設定した。ブランドメッセージに沿ったビールの特別な飲用体験を演出するさまざまな取り組みを目指す中、新型コロナウイルスの影響...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

浜田雅功さんが「食事をおごる」反響を呼び2度の資金追加
ハライチ・岩井さんが毒舌で斬る 商品特性を存分に訴求
「家だから楽しい」って新発明! SNSでアイデアを募集
お菓子本来の楽しさを追究し ワクワク・ドキドキの未来を創造
親子で地球環境を学ぶ ネスレとJAXAの共同プロジェクト
会えなくたって、乾杯! 「スーパードライ」オンライン飲み(この記事です)
あえて「笑わない男」を起用 企業イメージをポジティブに訴求
ブランドの再活性化を目指し「あげる」行為の浸透を狙う
新商品発売を機に展開される 春の新コミュニケーション
人気お笑い芸人の新コンビ結成で新商品訴求を強く後押し
大坂選手が各都市をファッションで表現ーマスターカードの「Pricelessキャンペーン」
緻密な世界観で10代の共感を「立体的に」醸成
ポイントを貯めてギョーザファン垂涎のグッズをゲット
プレミアムフライデーに連動 挑戦的なフレーズで関心を喚起
閉幕前にファンと思い出を共有 東横デパート一大キャンペーン
忙しい女性を後押し! 日本初 エキナカ無人ラーメン店

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する