広告マーケティングの専門メディア

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!

コロナ環境下で何が変わっているのか? データで見る、消費者心理と行動

自宅で過ごす時間の増加によって、テレビやインターネットなど外出を必要としないメディアへの接触は増加する一方、OOHなどの屋外メディアへの接触は減少・・・。コロナ環境下における企業のコミュニケーション戦略を考えるには、まずは消費者の今を知る必要がある。各種データから紐解いていく。

若者のテレビの視聴時間は2倍以上に

自宅の滞在時間が延びる中で、テレビの視聴時間はどのように変化しているのだろうか。スイッチ・メディア・ラボの機械式テレビ視聴調査によると、今年2月から1日あたりの平均視聴時間が全年代で次第に増加。特に「20-24歳」の土日平均視聴時間は大きく増加し、4月6日週には、2月17日週と比較して男性は1.5倍に、女性は2倍以上となった(図表1)。

図表1 1日あたり平均視聴時間(分)
出典:スイッチ・メディア・ラボ「テレビ視聴調査」より

また、ビデオリサーチの視聴率調査では、関東地区の総世帯視聴率(HUT)を2019年同時期と比較したところ、2月25日あたりから前年を上回る状況に。東京都から週末の外出自粛要請が出された直後の3月28、29日、志村けんさん逝去の報道がされた3月30日以降は、前年を大きく上回る状況が続いた。

さらに、同調査では、インターネット調査も実施。「現在、最も重視する情報源」を聞いたところ、1位がテレビ、2位はインターネットのニュース記事となった(図表2)。変化が激しい社会状況では、よりタイムリーな情報が求められるため、生中継などの速報性のあるテレビのニーズが高まったと予想される。

図表2 即時性が求められる情報源
出典:ビデオリサーチ「新型コロナウイルス影響調査概要」より

アクティブシニアの約60%が「ネットニュース」を情報源に

博報堂のプロジェクトチーム「博報堂シニアビジネスフォース」は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する