広告マーケティングの専門メディア

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!

自社のブランド資源を生かす グローバルブランドの社会貢献

プロモーショナルなコミュニケーション活動を実行しづらい現在の環境下で、世界のブランドは今、どのように顧客とコミュニケーションをとっているのだろうか。自社のブランド資源を生かした、社会貢献型の活動を紹介する。

01 NBA

男子プロバスケットボールリーグNBA(National Basketball Association)は日本時間4月4日、同リーグで活躍する現役選手16名がバスケゲーム『NBA 2K20』上で競うゲームトーナメント「NBA2Kプレイヤー・トーナメント」を開催した。新型コロナウイルス感染症の影響で、試合の中止が続く中で実施された、初の試み。

昨年のドラフトで日本人初1巡目指名を受けた日本人プレイヤー八村塁選手らが本トーナメントに参加。優勝者は「NBA 2K20」チャンピオンとして称えられるほか、2KGames、NBA、NPBAが寄付を予定している「新型コロナウイルス感染症対策のための義援金1万ドル」の支援対象を選出・決定するとした。

02 Coors Light

米ビールブランドのCoors Light(クアーズライト)は4月14日、コロナ禍において、オンラインミーティングの需要が高まったことを機に、ユニークなサービス「Coors Light Clone Machine(クアーズライトクローンマシン)」を発表した。同サービスは、オンラインミーティングの際、30秒間にわたり自分の映る映像を再生し、あたかもミーティングに出席しているように見せることができるというもの。会議を抜け出したその30秒間を、“just enough time to sneak in a trip to the fridge for a cold beer.”(冷たいビールのため冷蔵庫にこっそり行く十分な時間)と訴求した。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する