広告マーケティングの専門メディア

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!

生産者と消費者をつなぐ食事会を開催 ファンと直接、話せる機会をつくる

チーズスタンド

ファンベースの考え方を重視する「CHEESE STAND」では、店舗休業期間に、オンライン食事会を開催。参加者一人ひとりとオンラインで密なコミュニケーションを取ることで、改めてファンと向き合い、コミュニケーションを見直す機会になったという。

季刊誌「CHEESE PAPER」のVol.2。牧場へ取材するなど読み応えのある冊子。

オンライン食事会は即日完売 コロナ禍でもファンと接点を

「街に出来たてのチーズを」をコンセプトに2012年6月渋谷区にオープンした「CHEESE STAND(チーズスタンド)」。フレッシュチーズ(熟成させないチーズ)の魅力を伝えることをミッションに掲げ、主にフレッシュチーズの製造・販売をしている。同店は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、4月8日~5月18日の間、休業に。期間中も顧客とのコミュニケーションを欠かさないため、TwitterやInstagramをはじめとしたSNS公式アカウントでの発信強化や、ECでの商品ラインナップの拡充などに取り組んでいる。

以前より同店では、SNSだけではなく、「CHEESE STAND Media」というオウンドメディアで、フレッシュチーズの使ったレシピなど紹介するなど、オンラインでの情報発信を積極的に行っていた。

コロナ禍の影響でコミュニケーション手段がオンラインのみとなった今、新しい取り組みとして、オンライン会議ツールZoomを活用した「オンライン食事会」を開催。EC上で、チーズ食べ比べセットを購入することで参加でき、チーズの生産者(工房)の話を聞きながら、チーズの食べ比べを自宅で楽しめるというもの。5月18日時点で、計3回開催しており、「毎回60食限定で販売しているが、即日完売する人気」だと...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する