広告マーケティングの専門メディア

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!

オンラインを使った接客をスタート 今だからこそできる、新しいチャレンジを

IKEUCHI ORGANIC

新型コロナウイルス感染症の影響で、さまざまな変化が求められる中、IKEUCHI ORGANICではオンライン接客を開始。各社EC市場が活性化するなか、ECではカバーできない“買い物のサポート”を実現している。

京都市に2014年にオープンした「IKEUCHI ORGANIC KYOTO STORE」。店長の益田晴子氏はタオルソムリエの資格を持つ。

Zoomストアをオープン 店舗接客を自宅でも提供

今治タオルの製造、販売を手掛けるIKEUCHI ORGANICは4月25日、休業中の店舗スタッフがオンラインで接客を行う「Zoomストア」を急遽オープンした。オンライン会議ツ―ルZoom上で、スタッフと買い物客をつなぎ、コミュニケーションを取りながら、ニーズに合ったタオルを提案していくというサービスだ。

スタッフが自身を写すカメラと商品を写すカメラ2台を活用し、商品を見せながら接客するため、買い物客は実際に店舗で選んでいるような体験ができる。試験的な取り組みであるため、日々顧客のニーズに合わせて、別ツールでの対応など拡充しているという。

同社では、東京、京都、福岡、今治の4つの直営店舗を運営していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月12日から全店舗を休業に(5月20日時点で福岡店は再開)。その休業期間に、顧客とコミュニケーションをとるため、オンライン接客を開始したという。

「タオルという商品の特性上、買いたい商品が決まっている関心が高い層は限られています。そのため、タオル選びに際にしては、多くの方が『どのようなものがいいのかわからない』と迷われます。加えてタオルは質感や見た目が重要なため、ECでの画像だけでもわかりにくい商品です。そこで...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧

顧客エンゲージメントでコロナ禍を乗り切る!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する