広告マーケティングの専門メディア

広告界イベント&新商品情報

博報堂×東大先端研 共同プロジェクト発足、他5月の広告界イベント&新商品情報(2)

博報堂「Smart Citizen Vision」 東大先端研との共同プロジェクト発足


博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」は、生活者が主役のスマートシティを実現するための活動「Smart Citizen Vision(スマートシチズンビジョン)」を開始した。

全国的にスマートシティの取り組みが活発化するなか、「ミライの事業室」が提示するのは、生活者による創造的なまちづくりだという。パートナー企業、行政、アカデミア、生活者と協力しながら、リサーチ活動や実証実験プロジェクトを行っていくとともに、クリエイティビティと多様なネットワークを活かして、都市に関わる新たな産業モデルの開発を推進する。

また、博報堂ブランド・イノベーションデザインと連携し、企業への事業開発支援も提供していく。

プロジェクトの第1弾として、東京大学先端科学技術研究センター・共創まちづくり研究室の小泉秀樹教授、吉村有司特任准教授との共同研究「生活者共創プラットフォームプロジェクト」を発足。欧州で先行している、生活者が主体的に参加するためのデジタルプラットフォームなどを参考にしながら、日本特有の行政機関、民間企業のあり方に沿った“生活者参加型プラットフォームモデル”を構築していく考えだ。

サイバー・コミュニケーションズ 「SAFE for Quality Ads」提供開始


サイバー・コミュニケーションズは、近年のデジタル広告の課題に対して、課題の把握、ブランドの政策方針の策定、アドベリフィケーションツール等を駆使した測定と改善策の実行までをサポートする、「SAFE for Quality Ads(以下、SAFE)」の提供を開始した。

インターネット広告市場は著しい成長を遂げ、さらなる拡大が予測されている一方で、アドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティといったさまざまな課題が顕在化している。課題解決に向けた業界の意識は高まっているものの、「具体的な対応策が分からない」「実行できる人がいない」など、企業が解決すべき課題が残っているケースは多い。

SAFEでは、SAFE Learning、SAFE Guideline、SAFE Execution、SAFE Reportingの4つのサービスと、それらすべてをフルスタックでサポートするSAFE Consultingの5つのメニューを用意。各社の状況や要望に合わせたサービス提供が可能となる。

SAFEを通じて一貫した対策を実施することにより、過剰な広告費の削減、広告配信におけるブランドリスクの軽減、ビューアビリティ向上などを図ることが可能になり、費用対効果の改善につなげることが期待できるとしている。

グローバル位置情報データを提供 FoursquareとFactualが合併


4月6日、位置情報データカンパニーのFoursquareとFactualが合併した。

Foursquareは、ユーザーから許諾の取れた位置情報に基づく顧客分析、ターゲティング広告配信、来店予測、データエンリッチメントなどの各種サービスを提供している...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界イベント&新商品情報 の記事一覧

博報堂×東大先端研 共同プロジェクト発足、他5月の広告界イベント&新商品情報(2) (この記事です)
電通、広告のオンオフ連携を最大化するフローを共同開発、他5月の広告界イベント&新商品情報(1)
DtoC特化型広告支援会社「Barriz」が設立、他4月の広告界イベント&新商品情報
博報堂 DACなどと連携し、 サービスの機能強化、他3月の広告界イベント&新商品情報
LINEリサーチが新パートナー制度導入、他2月の広告界イベント&新商品情報
博報堂など3社が共同で店頭の販促支援サービスを提供、他1月の広告界イベント&新商品情報
フラクタ、トランスコスモス技術研究所と業務提携し、「2 Plus」の提供を開始、他12月の広告界イベント&新商品情報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する