広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

ブランドの再活性化を目指し「あげる」行為の浸透を狙う

森永製菓「君にハイチュウドウゾ」

森永製菓は、同社ブランド「ハイチュウ」より、3月5日から、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」が登場する新テレビCM「ハイチュウドウゾ」篇の放映を開始した。「なにわ男子」単独でのCM出演は今回が初だという。

なにわ男子が歌って踊るポップなCMで関心を喚起

森永製菓は、同社ブランド「ハイチュウ」より、3月5日から、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」が登場する新テレビCM「ハイチュウドウゾ」篇の放映を開始した。

新CMの内容はこうだ。冒頭、MCの「ふぅ~(疲れた声)、となったら」の声に対し、なにわ男子の7人が「ハイチュウドウゾ」と一斉に動き出す。シーンは変わり、架空の街「ハイチュウストリート」上で、ステージ衣装を身にまとったなにわ男子の7人が「♪ハイチュウ、ドウゾ」と歌いながら、周囲の人々にハイチュウを配る、というもの。他にもポスターが制作されJR原宿駅などに掲出された。

本CMに起用されたなにわ男子は、2018年10月結成の7人組アイドルユニット。西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也の7人で構成される。

今回の新CM制作の狙いについて、森永製菓 マーケティング本部の糸岡 潤氏は「ハイチュウは当社の商品のなかでも特に人気のロングセラー商品です。しかし、それゆえに新規性やニュース性に乏しく、『昔のお菓子』という印象を持たれていました。そこで、今回の新CMで、既存ファンである小さなお子さまを持つ主婦の方々と、ハイチュウから少し遠ざかっている10代女性に再びハイチュウに新鮮さを感じてもらいたいとの想いから、本企画が生まれました」と説明する。

新CMの内容はこうだ。冒頭、MCの「ふぅ~(疲れた声)、となったら」の声に対し、なにわ男子の7人が「ハイチュウドウゾ」と一斉に動き出す。シーンは変わり、架空の街「ハイチュウストリート」上で、ステージ衣装を身にまとったなにわ男子の7人が「♪ハイチュウ、ドウゾ」と歌いながら、周囲の人々にハイチュウを配る、というもの。

CM通じ"あげる"行為の自分ゴト化促す

本施策の肝となったのが、CMの中でも多用されている「ハイチュウドウゾ」のメッセージだ。なぜなら、ハイチュウを誰かにあげる、という行為の伝播こそが本施策の狙いだからだ。

「ハイチュウには3つの潜在価値があります...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

あえて「笑わない男」を起用 企業イメージをポジティブに訴求
ブランドの再活性化を目指し「あげる」行為の浸透を狙う(この記事です)
新商品発売を機に展開される 春の新コミュニケーション
人気お笑い芸人の新コンビ結成で新商品訴求を強く後押し
大坂選手が各都市をファッションで表現ーマスターカードの「Pricelessキャンペーン」
緻密な世界観で10代の共感を「立体的に」醸成
ポイントを貯めてギョーザファン垂涎のグッズをゲット
プレミアムフライデーに連動 挑戦的なフレーズで関心を喚起
閉幕前にファンと思い出を共有 東横デパート一大キャンペーン
忙しい女性を後押し! 日本初 エキナカ無人ラーメン店
「ハシカン×Twitter」で新社会人の遊び心を刺激
受験生を陰から支える 応援キャンペーンを展開
腹ペコ学生のデッカい味方! お腹の音専用消しゴムを開発
「サッポロ一番」シリーズ 擬人化された2商品が全国行脚
「PYUANあげみざわAI」がネガディブな想いも洗い流す

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する