広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

ベクトルとIMの知見を結集 プライバシーテック領域で新事業を立ち上げ

中道大輔氏(Priv Tech)

日本での開発体制で国によって異なる法制度に対応

2020年3月2日、ベクトルはインティメート・マージャー(以下、IM)と新会社、Priv Tech(プライブテック)を設立した。

プライブテックでは総合PR会社であるベクトルのリスクマネジメントをはじめとした知見、DMP専業大手であるIMのデータ利活用の知見を掛け合わせることで、プライバシーテック領域のサービスを開発・提供していくことになる。

代表取締役に就任したのは中道大輔氏だ。新会社設立の背景について同氏は「世界的に企業によるパーソナルデータの取り扱い方が問題となり、欧州のGDPRに米国・カリフォルニア州のCCPAなど法整備も進んでいる。また、日本の個人情報保護法も改定が予定されている。企業が消費者と良好な関係を構築するためには、信頼の獲得が必要だし、そこではデータ保護に対する明確な姿勢が求められている。そこで企業のデータ利活用とプライバシー保護を両立させる新しいサービスを開発できないかという構想のもと、新会社設立に至った」と話す。

プライブテックでは設立と同時に...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

ベクトルとIMの知見を結集 プライバシーテック領域で新事業を立ち上げ(この記事です)
ソニーグループのAI技術を用いて デジタルマーケティングを支援
商業施設のシネコンを舞台に 企業のマーケティングを支援
SNSの影響力拡大を背景に広告×PRが融合した施策を支援
SNS活用のマーケティングツールで企業とファンを結ぶ、ユニークビジョンの戦略
全国各地のCMをデータベース化 エリア別の広告効果測定を支援

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する