広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

地方紙による新サイト開設相次ぐ 地域に根差した報道と融合

宮浦 慎

高齢者見守りアプリを配信 犯罪・災害情報も受け取れる仕様に

既存メディアがデジタル時代への対応を模索する中、地方新聞各社による新たなサイト開設、アプリ配信などの動きが目立つ。各社は高齢者の見守りや地元飲食店の予約注文機能と、地域に根差した地方紙ならではの報道を融合させ、独自のサービスを展開している。

例えば、そのひとつが岩手日報社の取り組みだ。同社は、2月14日、高齢者の見守り機能を搭載したスマートフォン向け無料アプリ「いわぽん」の配信を始めた。アプリを24時間起動していない場合、緊急連絡先として登録したメールアドレスに通知される仕組み。いわぽんは米IT大手グーグルの支援事業に採択され、開発費用の一部などの提供を受けた。

また、アプリに居住地を登録すると、その地域で発生した犯罪や災害に関する情報も届く。新聞社には警察や自治体、読者などから膨大な情報が集まることから、これを紙面以外でも有効に活用しよう、との考えがあったという。

さらに、読者の情報提供や要望に応じて記者が取材する連載企画「特命記者」も同アプリ内で読めるようにした。紙面に掲載された記事の反響が大きいため、アプリにはコメント欄を設けてもいる。その他、商店街の活性化のために、中小店舗のクーポンも配信した。岩手日報を購読している店舗が登録できるようにした。

飲食店サイトを開設 スマホで予約注文が可能

沖縄タイムス社は2月6日、飲食店の情報サイト「Dikitoon(ディキトーン)」を開設した...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

コロナの影響でテレワークが普及 進む業務効率化と広がるビジネスチャンス
東京2020 五輪の延期が決定 来年7月23日までに何をすべきか?
プロモーション広告費は、5年ぶりに前年増 戦略力とクリエイティブ力で購買意欲を創出
地方紙による新サイト開設相次ぐ 地域に根差した報道と融合(この記事です)
先端テクノロジーを搭載した電車内デジタルサイネージ
コロナ対応に奔走するテレビ各局 未曽有の事態に陥った放送業界
3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
3月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
サウジアラビアとUAE 2カ国から見る中東のエンタメ事情
新型コロナウイルスで大打撃 今、イベント業界に求められること
新型肺炎の影響で強みが裏目となったプロモーション業界
経営陣や決裁権者へのリーチに最適 東海道・山陽新幹線の広告媒体
情報銀行やホテル事業など 新規ビジネスに挑戦する新聞各社
電通が2019 年の日本の広告費を発表 「ネットがテレビを抜く時代」に
大型化が加速する OOHメディアのデジタルサイネージ
特別紙面、電子版、新企業 新たな取り組みに挑む新聞各社

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する