広告マーケティングの専門メディア

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦

画面を触るだけで映像内の情報にアクセス、パロニムが仕掛けるインタラクティブ動画とは?

パロニム

「TIG LIVE for Consumers」のデモの様子。

映像から検索する手間をなくしユーザーに次のアクションを促す

映像を視聴中に気になった人物や場所、さらに服やBGMなどの情報を詳しく知りたいと思っても、「その対象物が何か?」がわからなければ、検索するのは難しい。リテラシーや言語能力に関わらず、スマホやPCの画面にタッチするだけで、映像の中で気になった情報を入手できないか。そんな発想から生まれたのが、パロニムが開発したインタラクティブ動画「TIG(ティグ)」だ。

ユーザーは映像内で気になるアイテムをタッチするだけで簡単に、アイテムをストック。さらにストックされたアイテムをタッチするだけで、詳細ページに飛べるようになっている。

同社・代表取締役の小林道生氏は「ユーザーが映像から検索する手間、あるいはデジタルデバイドから解放され、言語の壁にもとらわれず、気持ちよく楽しめる次世代映像文化の実現を目指した」と開発の経緯を語る。

小林氏は2004年から日本テレコム(現・ソフトバンク)の国際映像通信事業部門に在籍していた。その後、小林氏にとって転機になったのはソフトバンクが、国内で最初にiPhoneの取り扱いを開始した2008年のこと。「iPhoneは単なる携帯電話ではなく、社会のインフラになっていくもの」との考えから当時、社内で新規事業の公募が開始に。映像の事業に携わっていた小林氏は、iPhoneと映像を掛け合わせた新事業のアイデアを考案する。

「いつでもどこでも映像を自由に視聴できる環境になれば、映像からより多くの情報を取得できるようになり、さらに生活の起点になるような時代が来ると想像しました」と小林氏。そして、この当時、TIGの原型となるアイデアを企画・提案することとなる。

しかし「結果的に、この時は採用されませんでした。選ばれなかった理由は、サービスの出口の部分が設計されていないということ。確かに映像から得られた情報に興味を持ったユーザーに、どんなアクションを促すべきか。出口までは考えられていなかったのです」 …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦 の記事一覧

画面を触るだけで映像内の情報にアクセス、パロニムが仕掛けるインタラクティブ動画とは?(この記事です)
テキストマイニング×AI技術で企業のDXを支援
アナログ地図とGPSの連結でマーケティングを支援
フィヨルド創業者に聞く、体験が競争軸になる時代にデザインにできること
個人の意思で使うデジタルクローンが拓く未来─オルツ
個人の意思でデータを管理・提供できる社会を

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する