広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

ソニーグループのAI技術を用いて デジタルマーケティングを支援

ネクスジェンデジタル

スケールメリットは目指さないユーザーに寄り添う提案をしたい

2019年9月、ソニーグループのソネット・メディア・ネットワークス(現・SMN)は企業のデジタルマーケティング活動を支援する新会社、ネクスジェンデジタルの事業を開始した。ソニーグループのAIやビッグデータ処理技術を活用し、生活者の理解から戦略立案、施策実行、そして効果分析までの統合マーケティングを実行することで、企業とユーザーのより豊かな関係構築支援を目指している。

同社の谷本秀吉氏は、マス広告の経験だけでなく、デジタルマーケティング黎明期から、その進化・成長とともにキャリアを積み上げてきた人物。同氏は、そのキャリアを通じてDMPを構築したり、データ解析ツールを導入したにも関わらず、うまく投資効果を得られていない企業が多いことに課題を感じていたという。「AIとビッグデータを使えば、マーケティングROI向上に生かすことができるはず」。そんな谷本氏の思いが、ネクスジェンデジタルの事業へとつながっていく …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

ソニーグループのAI技術を用いて デジタルマーケティングを支援(この記事です)
商業施設のシネコンを舞台に 企業のマーケティングを支援
SNSの影響力拡大を背景に広告×PRが融合した施策を支援
SNS活用のマーケティングツールで企業とファンを結ぶ、ユニークビジョンの戦略
全国各地のCMをデータベース化 エリア別の広告効果測定を支援
企業ニュースを動画で配信 PRにおける動画の活用を牽引

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する